強かな文学

ここに書かれたものは、確かに作者の胸中から表露された嘆きの言葉ではあるが、しかるに、作者はもうここには居ない。作者は、広い荒野へと、発ったのであろう。

このレビューの作品