美樹の表象

作者 Mondyon Nohant 紋屋ノアン

誰が風を見たでしょう。

  • ★★★ Excellent!!!

彼らの恋は、見える形では残らなかった。
残ったものは、遺影の代わりに置かれた絵だけ。
なにもかも嘘のように、彼女は去った。

風は誰にも見えない。
けれど、五月の町を通り、若葉を揺らしてキラキラと、夏の匂いを残して去っていく。
その美しい光景と、掻きむしりたくなるような慕情が描かれた、素敵な作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

肥前ロンズさんの他のおすすめレビュー 1,260