ツンデレ好きな俺、聖癖剣士になる。〜燃え盛る俺の身体から生えたのは炎熱のツンデレ剣だった〜 #DX聖癖剣シリーズ

作者 角鹿冬斗

151

54人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 タイトルから『仮面ライダーセイバー』の俗っぽいパロディ……と判断してしまうのは早計な、堅実な内容となっています。
 ホビーアニメ風とタグはついていますが、作風はむしろ王道の現代異能バトル。全知全能の書もノーザンベースもありません(このレビューを書いている時は第一部を読み進め中なので、もしかするとネーミング以外のパロディ要素があるかもしれませんが……)。

 『MOTHER』シリーズと『Undertale』、『カードキャプターさくら』と『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』のように、影響を受けながら異なった方向性の作品は数多くあります。本作においてもネーミングや武器は本家のセンスを引き継ぎつつアレンジされており、パロディ止まりに陥らない力量を感じました。
 ネタ要素のスパイスによって、本歌取りに留まらないオリジナリティを引き出した、まさしく怪作というべき作品でしょう。

★★★ Excellent!!!

ぶっ飛んだ設定を、ここまで大真面目に貫くと、むしろ爽快ですらあります。

王道のヒーローサーガに、"とんでもない食材"をふりかけて、それでもきっちりとした料理にまとまっているのが素敵です。

次はどんなぶっ飛んだワザが飛び出すのか、妙な期待感で読み進めてしまいました。
見知らぬワードが出てくるたびに検索してみるのですが、「世の中には色んな趣向の人がいるんだなあ」と、新しい扉が開きかけました!

★★★ Excellent!!!

性癖をここまで形にするだけでなく、それを剣技として昇華させるぶっ飛んだ作品です。
確かに、あれこれ性癖はありますが、そうはならんやろと来て、それありなのかと思わせる展開には脱帽。
確かに特撮系になりますが、性癖を形にしているから、その枠を外れている。
かといって外れていながら外れていない特撮特有の面白さもあるから抜け目ない。
しっかりと戦闘に緩急がつけられているし、相手の性癖が笑えても、相手にすると笑えないのがまた秀逸ときた。

ニチアサ、特撮云々に、文字通り、とある性癖層には刺さるに刺さる作品です。

★★★ Excellent!!!

はるか昔、世界は一冊の本から出来ていた……!
そんな設定にピンと来たら、ぜひ読んでみて下さい。
ピンと来なくても、ぜひ読んでみて下さい。
とことんマジメな空気で、とことんアホらしい設定をブンまわすと、こんなにも豊穣な笑いが生まれることがわかるはずです。
真剣な馬鹿は、熱血と爆笑を呼びます。
読めば聞こえてくるはずです。武器が作動するときの電子音が。
物語の結末は俺が決める!!!!!