よく似た双子の異なる恋

作者 無月弟

131

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

双子の姉妹の、恋のお話です。
他人からは見分けが付かず、「全く同じじゃん」と言われてしまうほどそっくりな二人。
「同じ」じゃなくて、「似てる」だけなのにと、常にモヤモヤしています。

一人の男子をめぐる、二人の心理の描き方が非常に秀逸でした。
彼だけは双子を正確に見分けられる。望ましいことのはずなのに、それが仇となってしまう。

「同じ」に見えると言われるのに、なぜ自分じゃダメなのか。
その矛盾めいた心理が、痛いほど刺さりました。

そっくりでも別の人間です。
双子ならではのお互いへの嫉妬や葛藤、そして信頼。
それらが見事に表現された短編でした。素晴らしかったです!

★★★ Excellent!!!

双子の姉妹ということで、私の頭の中に浮かんできたのは、某海外セレブの双子の姉妹でした。いや、彼女たちのお芝居好きだったのですけれどね。なかなか波乱の人生を送っている模様です。

そうではなくてですね。こちらは、双子の姉妹の恋と葛藤が描かれております。

双子だからと比べられたら嫌じゃないですか。なんなら、兄弟や友達と比べられるのも嫌だったりするじゃないですか。

こちらの作品は、そういうことがとても丁寧に描かれていて、なんだか胸がしめつけられました。

初秋の今だからこそ、読みたい作品です。

★★★ Excellent!!!

主人公は中学二年生の女の子・菜乃花。菜乃花には双子の姉・牡丹がいます。見た目も成績も部活も同じ。
なのに、菜乃花が好きになった男の子は、牡丹に告白してしまうのです。

どうして姉と似ている自分を好きになってくれないのか、思い悩む菜乃花の気持ちに共感しました。
丁寧に描かれた双子ならではの体験や考えは、双子についての固定観念を変えてくれるかもしれません。

爽やかで甘酸っぱい恋のお話です。

★★★ Excellent!!!

双子ってすごく憧れたんですよ。
もうどう頑張ってもなれないやつなんですけどね。

なんかもう、ありとあらゆることが同じ(身長とか体重とか)で、それで顔も瓜二つで、で、片方が怪我をするともう片方も同じところが痛くなるとか、そんな話も聞いたりして。

神秘的というんですかね。そういうのでものすごく憧れてたわけです。

中学と高校の時、同じ学年にも双子の姉妹が二組いてですね、やっぱりそっくりなんですよ。だけど、性格が全然違うんですよ。だからなのか、男子に恋愛的な意味で人気のある方と、友達的な意味で人気のある方って結構はっきりわかれてたりして。同じ顔なのになぁ、なんてその時は思ってたんですけど。

どんなに似てる部分があっても、違う人間なんだよな、って改めて思いましたね。

そんでこれを書いているのがまさに双子さん!

もちろん内容はノンフィクションではないようですが、双子にしかわからない悩みとか、もうそんなのガチの人にしか書けねぇやつ!

甘酸っぱくて切ないけど、最後はじんわりするお話です。ぜひ!

★★★ Excellent!!!

兄弟姉妹って、仲良くも出来るけど、一番身近なライバルでもありますよね。
普通の兄弟姉妹でもそうなのだから、双子だったら……余計に感じてしまう部分があるかも。。。
主人公も双子の姉と一緒くたにされがちなのを不満に思っています。
そんな彼女にある時、好きな男の子が出来るのですが、なんと彼は主人公の姉に告白してしまいます。
主人公はこの窮地にどんな行動を起こすのか!?

もし私が彼女の立場だとしても、同じように考えてしまうだろうなーって思いました。主人公の行動がとっても人間味に溢れていて、すごく共感できる物語です☆

★★★ Excellent!!!

双子の三角関係が、切ないです。

内容を書くとネタバレしてしまうのですが。
双子と、彼女たちのひとりが好きな男の子の物語。

この男が素敵です。
双子の違いをよく知っていて、そこがかっこいい。

だから、双子ちゃんたちの最後の言葉が、すっごくそこで効いてくるんです。

それを、知りたいかた、お読みください。
とても読みやすくて、素敵な物語です。

★★★ Excellent!!!

顔はそっくりだけど、でも中身はちゃんと違う。ましてや心はまったく違う。
双子の姉妹だって、それぞれ別の人間で、でも似ているからこそもやもやしてしまうこともあって……。

人の心は思い通りにならないもの。
だからこそ愛しくて切ない恋物語です。

★★★ Excellent!!!

最近あまり見ない結果が待っています。私はこういった作品も好きなのですが……。
恋って人を勇気づけることもあれば、その逆もありますよね。でもその恋は一人の者。誰かの身代わりにはなれない。どんなに近しく、どんなに似ていても、恋をするのはいつだって一人一人の心。それなくしては恋は始まらない。
もしかしたら、長い年月をかければ彼と彼女は恋を始めることもできたかもしれない。
でも心というものはそんな理屈じゃ動かない。生の感情で、いつだって振り回されるもの。