小手指原の戦い ~新田義貞の鎌倉攻め、その緒戦~

作者 四谷軒

知識がまるで血液の如く物語に脈打ち「活きる」!感嘆し打たれます!

  • ★★★ Excellent!!!

歴史モノは様々に光彩を放ち、それぞれに魅力的ですね! 語られる形式も各々により十人十色。
しかし、根底にはこの日本の辿る世に流れる人間の姿そのもの。
ですから、僕は歴史ものに魅了される。日本史に趣きの風情を感じる。
僕は日本人に生まれて幸せです。貴方とも歴史モノにより繋がれた。

上述は「歴史・時代・伝奇」の先輩の方々へ必ずお伝えする僕の溢れる想いです。

四谷軒様の小説は、その知識力に圧倒されます。
物語には裏付けが必須です。改めて自戒するばかりです。
「歴史モノ」初心者として、ご教示を感謝致しております!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

鎌倉幕府末期。
幕府からの無理難題に立ち上がった新田義貞、それが歴史的には結果として倒幕につながっていく。

その時代の変換に、熱い男たちの戦いがはじまった。

この作品は、あまり文献にはない時代を… 続きを読む

久保坂 涼さんの他のおすすめレビュー 5