小手指原の戦い ~新田義貞の鎌倉攻め、その緒戦~

作者 四谷軒

新田義貞の戦い、とくとご覧あれ

  • ★★★ Excellent!!!

武蔵野と鎌倉は縁が深く、武蔵野を通る鎌倉街道上道(かみつみち)は武蔵武士が鎌倉を守ろうと馳せ参じる為に使われ、鎌倉幕府終焉の際は倒幕に向かう新田義貞に使われました。

上道の通り道である所沢には新田義貞が倒幕を誓った誓詞橋(せいしがはし)、新田軍が勢揃いした勢揃橋(せいぞろいばし)、義貞が戦の指揮をした将軍塚など史跡が残っています。

この作品からは実際の戦の緊張感、臨場感が伝わってきます。

是非、分倍河原の戦いと合わせてご覧下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

鎌倉幕府末期。
幕府からの無理難題に立ち上がった新田義貞、それが歴史的には結果として倒幕につながっていく。

その時代の変換に、熱い男たちの戦いがはじまった。

この作品は、あまり文献にはない時代を… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

歴史モノは様々に光彩を放ち、それぞれに魅力的ですね! 語られる形式も各々により十人十色。
しかし、根底にはこの日本の辿る世に流れる人間の姿そのもの。
ですから、僕は歴史ものに魅了される。日本史に趣き… 続きを読む

桐中 いつりさんの他のおすすめレビュー 88