転生! 竹中半兵衛 マイナー武将に転生した仲間たちと戦国乱世を生き抜く

作者 青山 有

1,420

503人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

ストーリー、設定、キャラクターどれもが素晴らしいと思える作品。

個人的には悲劇による感動より熱さや、カッコよさで感動させてくれるところが読んでて気持ちよかったです。

よくあるハーレム要素や、馬鹿みたいな無双なども無く
少年漫画的な熱さもありながら大人も楽しめる戦記的要素もあって
とても楽しく読ませてもらっています。

でも1つ言える事があるとすれば
話が進むにつれて主人公の性格が軽くなったような気がします。
どんどん一条と似てきて差別化出来なくなっているように思います。

★★★ Excellent!!!

これ、1560年の段階なんですよね。で、書かれている衝撃から変わってしまった歴史上の出来事を考えると次の内容が疑問点として浮かび上がってきます。


・徳川家康が松平元康の段階で戦死しているならば江戸幕府は当然ない。武田・上杉・伊達のその後がどうなるか大いに気になる。特に東北の諸大名は最上義光が述懐するように魑魅魍魎のような親戚関係だ。また家康の嫡男信康は史実では武田と通じて切腹ということになるが、家康がこの世にいない以上氏真にどう処遇されるのか今後の展開が気になる。


・転生者の一人とされる最上義光は史実上の最大の見せ場が慶長出羽合戦であること。(1600年)
 この戦いは「北の関ヶ原」と呼ばれ、関ヶ原の戦いが徳川家康と石田三成の間で行われるに際し、最上義光が東軍について山形で上杉軍を引き付けて戦った合戦です。直江兼続はこの戦いで手痛い一敗地にまみれ、最上家は伊達政宗を出し抜いて東北最大の大名となることに成功しますが、その子孫は義光の没後お家騒動を起こし、江戸幕府から「一門不届きである」として改易されてしまうのです。転生者の戦いの一つとして書けなくなっちゃうかな~~。
 さらに豊臣秀吉が織田信長の草履取りとして三河に封じ込められたとなれば最上義光は秀吉の甥である豊臣秀次に娘(駒姫)を側室として差し出さずに済むな。それがもとで駒姫は秀次に連座して死罪となり、最上家は関ヶ原の戦いで家康についたのだから。
 この慶長出羽合戦では最上義光は二千丁の鉄砲を駆使して上杉軍を撃退する有名なエピソードがあるので生かしてほしかったな~~。なお、義光は兜に銃弾を受けて負傷するがその兜は山形県に実在します。山形城には最上義光の素晴らしい騎馬武者像もあります。あれは絵に欲しい!作品中のどこかに使ってください。

★★★ Excellent!!!

歴史のif物は昔から読んできましたが最高に面白いです。
できれば一条の傘下の長宗我部元親や東北であれば津軽為信のスカウトとか南部で揉めている武将のスカウトや最上なら長尾から本庄を調略するなどまだまだ見えてない武将達をかき集めて圧倒して欲しいです。
非常に面白いので引き続き頑張ってください!

★★ Very Good!!

「」を用いた会話表現がわりと嘘臭くないから、読んでいて違和感があまりない。おかげで読みやすい。「うっ」とか「くっ」とか「ちっ」等々の普通ではおよそ使わない過剰演出の擬音、擬声語、擬態語が基本的に使われていないので、それが高評価のポイントです。
ただ、史実的には違和感が強くて、それがマイナス点になっています。まあー転生モノなので、何でもありと言えばありなのかもしれないけど、竹中半兵衛が台無しです。少し期待して読み始めたのですが、ちょっと残念でした。

★★★ Excellent!!!

超超超超超超超超々おもしいです!!!!
歴史好き、ゲーム「信長の野望」好きなら絶対!読んだ方がいいです!!!!
ほんとに面白い!

好きな某武将が討たれたときは、普段ならショックを受けたりするんですが、今回は物語に引き込まれて別の武将のファンになってたので精神的ダメージはほぼ無しでした!笑

マジでおもろいからみんな読んで!

★★★ Excellent!!!

書籍を店頭で見かけ、拝読させていただきました。
程良くマイナー、それでいて無名ではない!マイナー天才者界隈の中だけのチャットで情報交換という手法が面白いと思いました。下手に現代インターネットの掲示板に繋がるよりも手段のリアリティがあります。
個人的には伊達な独眼竜の伯父兼駒姫の父(予定)な最上さんの行末が気になるところ…東北もなかなかのハードモードです。

★★★ Excellent!!!

きちんと文章が書けてて適度に都合がよく、シリアス過ぎず物語も面白くてハーレムが無い。

そういう小説って探すのが本当に難しいんです。

特にこの小説は転生した皆で戦国時代を変えていくのですが、少年たちが子供の頃に集まってイタズラの相談をしているような雰囲気がすごく良い!

とりあえず読んでみてほしいです!