来世にご期待下さい!〜前世の許嫁が今世ではエリート社長になっていて私に対して冷たい……と思っていたのに、実は溺愛されていました!?〜

作者 百崎千鶴

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全72話

更新

  1. 第1編「エスパーではありません、声に出ていますよ」
  2. 第2編「話を聞いてください」
  3. 第3編「そのパーカー、どこに売っていたんです?」
  4. 第4編「もう少し落ち着いてください」
  5. 第5編「キラキラネームをぎりぎり回避できていますね」
  6. 第6編「素直な子ですね」
  7. 第7編「……ともらく、と読みます」
  8. 第8編「職権濫用? 人聞きが悪いですね」
  9. 第9編「アカウントID? 絶対に教えません」
  10. 第10編「顔に全部書いてありますよ」
  11. 第11編「素直すぎるのも考えものですね」
  12. 第12編「反応が面白いです」
  13. 第13編「ぜひまた来たい店でした」
  14. 第14編「貴女は……他の女性と違いますね」
  15. 第15編「宝物ができました」
  16. 第16編「誰にも渡したくない。ごめんね」
  17. 第17編「すみません、思わず……」
  18. 第18編「泣かないでください」
  19. 第19編「ああ……本物だ」
  20. 第20編「……私は、頼りないですから」
  21. 第21編「ずいぶん早い目覚めですね」
  22. 第22編「期待しましたか? 先生?」
  23. 第23編「睡眠はしっかりとってください」
  24. 第24編「もう少しだけ、独占させてください」
  25. 第25編「裕一郎様、どうか頑張ってください……!」
  26. 第26編「こんな日が毎日続けば幸せでしょうね」
  27. 第27編「髪がまだ濡れていますよ」
  28. 第28編「違う意味で眠れないかもしれませんね」
  29. 第29編「とりあえず素数を数えましょう」
  30. 第30編「寝言は3回ほど聞きましたけどね」
  31. 第31編「月が綺麗ですね」
  32. 第32編「ぬけているところも可愛らしい」
  33. 第33編「急にすみませんっした! 信じてますよ、マジで」
  34. 第34編「若いのに頑張っているな、と思っていたんです」
  35. 第35編「どうか夢ではありませんように」
  36. 第36編「できることなら、もっと……」
  37. 第37編「ちゃんと直したはずなのに……!!」
  38. 第38編「いちいち反応が可愛らしいので、ね」
  39. 第39編「触られた部分が、ぜんぶ熱い」※
  40. 第40編「臆病者なんでしょうね、私は」
  41. 第41編「簡明直截な人ですね」
  42. 第42編「何度言っても足りないくらいです」
  43. 第43編「さて、どうしてくれましょうか」
  44. 第44編「調子を狂わされてばかりですよ」
  45. 第45編「良い意味で、気がおかしくなりそうですね」
  46. 第46編「……しまった。多分、テーブルの上だな……」
  47. 第47編「忘れ物をして良かったです」
  48. 第48編「忘れ物、渡さなきゃいけないのに」
  49. 第49編「時々、心配になりますよ」
  50. 第50編「もっと、もっと……」※
  51. 第51編「貴女はまるで光ですね」
  52. 第52編「来年からはもっとはしゃいでくださいね」
  53. 第53編「こんな笑い方させちゃうんだから、やっぱりさすがっすよ」
  54. 第54編「わかりやすい人で可愛いですね」
  55. 第55編「だから自惚れてしまうんです」
  56. 第56編「そんなあなただから、私は」
  57. 第57編「一緒に居られることが当たり前じゃないから」
  58. 第58編「目、少し冷やした方が良いんじゃない?」
  59. 第59編「見返りを求めちゃいけないって、知ってるよ」
  60. 第60編「こんなのチートじゃん!!」
  61. 第61編「普通に怖いんで睨みつけないでくださーい」
  62. 第62編「あまり、可愛いことをしないでください」※
  63. 第63編「こんな事、わざとされたら理性が保てませんよ」
  64. 第64編「可愛くて、愛おしくて」※
  65. 第65編「貴女が生まれてきてくれて、本当に良かった」
  66. 第66編「私は、この光景を知っている」
  67. 第67編「もう二度と、繰り返さないために」
  68. 第68編「もしかして二次元の住人……?」
  69. 第69編「窮鼠猫を噛むって言いますよね?」
  70. 第70編「気にしていないわけがないでしょう?」
  71. 第71編「全然足りない」※
  72. 第72編「無防備にも程があるでしょう……」※