何でも屋の平ちゃん

作者 愛宕平九郎

安請け合いしてるのに安請け合いしてない感じ

  • ★★★ Excellent!!!

なんでも屋という隙間産業に生きる主人公を描いた作品。なのですけれど、縛りがないというか、括りがないというか、普通のなんでも屋の枠を大きく飛び越え、時には宇宙人から依頼が来たりもします。

安請け合いするのが信条の主人公ですが、その仕事内容は安請け合いではないものが多く、「この人、本当にこれで儲かってるの?」と思うようなものばかり。

かなりライトな内容なので一気に読めます。
仕事に疲れたときなんかに丁度良い読み物だと感じました(*´∀`*)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

「平ちゃん」はタイトル通りの「何でも屋」。
毎回奇想天外・バラエティ豊かな依頼が飛び込みます(何故か美女ばかりから)。

持って生まれた実力と行動力と魅力を駆使して、どんな依頼も安請け合いでドドンと… 続きを読む

悠木 柚さんの他のおすすめレビュー 548