初夏色ブルーノート

作者 ゆうすけ

少女はロボットは砂山を行く

  • ★★★ Excellent!!!

筆致企画に参加の作品。
が。
が、ですよ。

あのプロットからSFいきますか!
しかも旅しとる、ロボットと!!

いったん、企画は忘れて物語に引き込まれるんですが、三話あたりで、ちゃんと指定プロットを押さえてきます。しかも、ぐっとくる展開で。なんだよ、智昭よー、お前はよぅー、かっこつけてんじゃねぇえよぅぅ(泣)

短いなかで、ぶわっと世界観を提示して、物語を作り上げてくる技術はさすがですね。いまのご時世、あながち空想ともいえない異常気象に見舞われた少女の奮闘が力強く素敵。ポンコツ気味の相棒ロボットもイチ押しです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

竹神チエさんの他のおすすめレビュー 1,416