碧落に君は消えゆく

作者 藤橋 峰妙

89

31人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

☆ってなんで3つしか置けないの?? 100個置いても足りないんだけど。

――作り込まれた世界観。
――洗練された文章。
――文句の付け所がない構成。
――愛嬌のある個性的なキャラクター。
そして、難しい漢字にはふりがなを振る優しさ。

どこを取っても完璧。はよ書籍化してアニメになってufotableで映画化してほしいですよ。

★★★ Excellent!!!

第一に特筆すべきは、情景描写が清冽に美しい点。

第二に、よく練られた世界観と言葉の選び方のセンス。

第三にこれからの物語を待つ喜び。

私などが、筆を連ねますことは烏滸がましいと存じます。
是非とも本編をお読みになってくださいませ。
そして、物語の虜となってくださいませ。

★★★ Excellent!!!

私の心が高揚するのはいつも、言葉が生身のフィルターを通して提供された時なのです。

『碧落に君は消えゆく』という物語との出会い。

最初に手に取ったのは、そのタイトルに心が動いたから。これはいつもの事なのだけれど、期待に胸を膨らませ、一体どんな物語なのだろうと頁を捲る。

するとどうだろう。

言葉が重なり合い、生まれ、見えてきた景色が、胸を高鳴らせ、心を揺らす。

ああ、なんと心地よいのだろう。

もふもふと、少年と少女。

ボーイミーツガールを匂わせるこの期待感は、一体これからどのような物語を紡いでいくのだろう。

一つ一つの描写が緻密でいて秀逸な言い回し。時として重くなりがちなところも、命を吹き込まれた登場人物が動き出すことで、物語に羽を与えている。

語感の一つ一つがとても気持ちいいので、朗読しながら読むのもオススメです。

良き物語との出会いに、最大限の感謝を。
ありがとう。