まさに変態道

もはやこれはただの変態ではありません。
変態的な変態の道(ウェイ)を極めた作品であり、自分のような非変態的変態には言い表せない変態度合い。
今後もさらなる変態道の開拓を楽しみにしています。

その他のおすすめレビュー

寝起きの君さんの他のおすすめレビュー48