作品を読んでもらうためにあなたができること

作者 水谷 悠歩

229

88人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

昨日、カクヨムで初投稿してみてトップページからあっという間に
流れていってしまう現実に気づてしまい「これでどうやって
自分の小説が人の目に留まるんだ?」とPVもあまり伸びずに
厳しい現実を目の当たりにしていた僕には一筋の光でした。
右も左も分からなかった僕にカクヨムの仕組みを教えてくださり
目から鱗です。ありがとうございました!

★★★ Excellent!!!

初めてWeb上で小説を書く人、カクヨム使い始めの方にはとても大切な情報だと思います。
私もカクヨムで初めて小説を書いています。書きはじめて一ヶ月のこのタイミングでこちらの作品に出会えて嬉しいです!

★★★ Excellent!!!

 カクヨムに来て一番最初に読んだのが、このエッセイです。

今まで感想とかレビューとか書いたことがなかったのですが、このエッセイを読んでから、せっせとレビューを書いています。

 そして嬉しいのは生まれて初めてレビューとか感想をいただけたことです。
 
 嬉しくてなんだか人とつながっているようで、わくわくしました。
 これからも素直な感想をレビューしていきたいと思っています。

★★ Very Good!!

「ひとこと紹介」から失礼なやつになってしまった。
内容に、当たり前? 初心者向き? と、感じてしまうかも?
でも! カクヨムにアカウントを作ったときにやりたかったことと、今の自分の対応がマッチしているのかを考えるきっかけになるような気がします。 

★★★ Excellent!!!

郷に入れば郷に従え。
原稿用紙にも作法がある。
これはカクヨムでのレビューの作法が学べます。
とても良いと思います。
オススメします。

★★★ Excellent!!!

まだカクヨムデビューして二週間ほどなのですが、どうやったら読んでもらえるんだろうと日々悩んでました。
キャッチコピーをひねったり、構成を作り直したり、更新する時間を変えてみたり。
でもよく考えると、ここに書いてあるように、自分にたどり着いてもらえないと読んでもらえないというのが真理ですね。
自分を知ってもらうためにレビューを書く。
書いているだけでは読んでもらえない。
自分は読まないのに、自分のは読んでほしいというのは、ちょっと虫が良すぎたということです(笑)
今日から行動してみよう。
そう思いました!

★★★ Excellent!!!

 カクヨムの現状把握のために色々と考察してはいたものの。割と知りたいことがまとめられていて良かったです。
 短編と長編。やっぱ短編書いた方が良さそうですね。長編は作品とか色々設定を盛れるから書いてて楽しいけど、短編だと短くて盛りにくいからどうしようか迷ってましたが書けそうな内容思い付いたら書こうと思います。
 そういえば、レビューについて気になってたのですが、最近は♡が追加されていてこれの使い方にちょい悩み気味。
 まあ、知りたい情報がうまくまとめてあったので正直感動しました。
 なかなか気に入ったので興味がわいたらまた来ますね。
 では!

★★★ Excellent!!!

カクヨムのユーザー(特に書き手)が心構えとして知っておくべきことが、丁寧に、わかりやすく書かれています。
私自身もまだ日が浅いので、参考になりました。
多くの人にお勧めします。

★★★ Excellent!!!

感想は返信の手間が申し訳ないなと感じたり、かと言って評価のあるレビューは敷居が高いと感じてなかなかチャレンジできず、もっぱら読んだものを個人の記録的にSNSで流していました。

けれどももう少し気軽に考えて残していってもいいのかなと感じました。
双方にメリットがありますしね。

ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

書いた物を読んで欲しいのは誰しも思う事。
その為の架け橋は自分で作る以外ありません。

有名人ならともかく、無名の一般人がSNSで呟いても『いいね』が1つも着かずに流れるのと同じです。

レビューを書けば自分との架け橋になる事プラス、トップページに掲載されるので書いた方にもメリットが有ります。

そこから産まれるコミュニケーションは確かにあるので、同じサイトでコミュニケーションを取りたいなら、まずは書いてみる事だと思います。

端的な文章にしていただいて、とても解かりやすかったです。

★★★ Excellent!!!

 短く、わかりやすく、レビューの大切さが語られています。一度もレビューをしたことがない、こわくてできないという方におすすめです。
 また、レビューをすることで、自身の文章力が上がることも利点の一つに挙げたいです。
 今後も沢山のレビューを書いて、カクヨムを楽しもうと思います。

★★★ Excellent!!!

やっぱり、小説も娯楽である以上、私利私欲の感情は捨てきれないと思います。
ですが、それを理解してカクヨムを利用するのとしないのとでは、雲泥の差があると思いました。
レビューを書くという事にも、それは当てはまるでしょう。

レビューの向こうにいるのは、人間なのですから。
改めてそれを認識させられました(`・ω・´)

私も小説を書いていますので、参考にしようかと思います。
宜しければ、私の小説にもレビューを頂けると嬉しいですm(__)m

★★★ Excellent!!!

人を生かす事が、最終的には自らを生かす事になる事を説いた、とても素晴らしい評論です。

世の中は基本的に「互助の拡大」によって成り立っています。
人を助け、そしてその結果、それ故に人に助けられる。
人を生かす事は、究極的には自らの便益を生み出す種になる訳です。

作品を読んで欲しいのならば、誰かの作品を必ず読む事。
読んで、読まれて、読み返されて、そうやって紡いだ絆が力量になる。
本作は作家としての実力を付けたい方に、本当にお薦めだと思います。
ぜひ、ご一読を!

★★★ Excellent!!!

かくいう私もその一人です(^^)
おなじ趣味をもつ方々がこんなにも大勢集まっているこのサイトで、書いてばかりで窓を開かないのは勿体ない!
読んで、レビューして、沢山の方と感想や意見交換したい。

本を読むのが元々好きだったから、高じて物語を書いています。
『同人界』では漫画が多勢…小説は売れないし、友人にも読んでもらいにくい…でも折角書いたから、誰かに評価してほしい…。そういう気持ちを抱えたこと、1度はあるかと思います…。
個人サイトで活動するもよし、公募にも挑戦するもよし…。
しかしここは同じ情熱を語ることが出来る同志の方々がたくさん集まる投稿サイトです!レビューを通して、たくさんの窓を開くことの出来るココで、充実したカクヨム生活を楽しまなければ、勿体ない(^o^)つよくそう思います。

★★★ Excellent!!!

カクヨム初心者である私にはハードルの高いレビュー。
人様の作品にレビュー。恐れ多いですね。
そんな気持ちを軽くしてくれました。
大切なことを教えられた気分です。

レビューはもらう側としてはとても嬉しいものです。
その気持ちを実感したら、実践あるのみ!

★★★ Excellent!!!

やはり作品自体を読む前にレビューを読むことは多いです。
レビューが付いていない作品は星が多くても敬遠しがちです。
そして、よくレビューを書かれる方の名前も覚える様になりました。
確かに作家同士で興味を持つことに繋がるのは大きいと思いました。

自分自身、レビューを書き始めてから自作が読まれるようになりましたし、一番読んでもらいたい作品もレビューが付いた作品から自分を知ってもらう事でそちらに興味を持ってもらえていると感じています。

投稿も重要ですが、やはりレビューを書くこともカクヨムでの活動では重要な要素ではないのかと思っています。

このお話はカクヨムで活動していくために一度読むべきだと思います。

★★★ Excellent!!!

 レビューを書くのはハードルが高い!とおっしゃっている方、たくさん見受けられます。
 でもほんと、もらう側は3行とかでも嬉しいんですよね。
 自分がレビューを書いてもらった時にどんなのが嬉しいかという視点でレビューを書ければきっとうまくいくんでなかろうか、と思ったり思わなかったりです。

★★★ Excellent!!!

カクヨムが始まった次の日に、私は著者様の書いたことが一にも二にも大事なのだと気づかされました。

今もおそらくそうですが、いわゆる読み専と言われる方が圧倒的に少ない中、必然的に読みに回るのはほかの作者様達です。そのような状況で、

 [あなたのは読まないが、私のは読んで下さい]

なんてスタンスでは、読んでくれる方なんていません。私も正直、レビューが0の方は例え作品がおもしろそうでも二の足を踏みます。それよりも、繋がりのある方の作品を読もうという心理が働くのは当然だと思います。だって大事な仲間ですから――。

中にはそういった活動の仕方を相互だと断じて、小説の“質”で勝負すべきだという方もいらっしゃいますが、その“質”は誰が判断するのでしょうか。

読者さまですよね。では知名度もない状況で、その読者様はどこから連れてくるのでしょうか。……答えられませんよね?

つまり、セルフマーケティングという“努力”をしましょうということです。試しに一週間、一日二件、レビューを書いてみてください。おそらく、あなたという存在に光が照らされると思いますよ(⌒∇⌒)

★★★ Excellent!!!

自身でも書き始まったのですが、それ以上にいろいろな作品を読んでました。
でも、レビューのコメントを残すのってなんとなく気恥ずかしいんですよね。
でも、この作品を読んでみて、恥ずかしがってたんじゃダメだと思いました。

★★ Very Good!!

レビューには極めて敷居の低い私です。
なんでか?
書いてておもろいから。
作品というお題があって、
それを使って笑かしたろ、って思う私がいる。
いや、マジメに書いてますよ。
漫才師だって落語家だってピエロだって真剣ですやん。
「はあー、こんなこと書くやつおるんや」
って呆れられたり、笑かしたりしたいんですよ、私は。
カクヨムのレビューは書店のポップや。
これが私の解釈です。

批評や格調高い論評を繰り広げたいなら、
もっと大手の投稿サイトありまっせ。
そのサイトでは文字通り「レビュー」です。

おもろいと思う者同士の輪が広がるのが、
カクヨムのレビュー。
ボッチで書くのが好きな人以外は、
レビュー書いたほうが楽しいよ。

と、こんなレビューへのおすすめが、
とっても説得力あふれる文章で書かれた作品です。
レビューが気になるけど、二の足踏んで戸惑ってる方は、
これ読んでふっ切ってください。

★★★ Excellent!!!

私もレビューは大切なものだと考えています。
私自身レビューを通して感想をいただければとてもうれしい。
がんばって書いたわが子のような作品を褒められればうれしい。
だから人の作品もちゃんと読むし、読んだら感想を書きます。
作家さんが喜んでくれればこちらもうれしい。
レビューを通じて他の人が読むきっかけになれば尚うれしい。

そう、うれしいことしかないわけです。
もっともレビューが苦手な人がいたり、ためらう人もいます。宣伝としかとらえない人もいるでしょう。
でもそういったもろもろも大きく理解したうえで、うれしい気持ちを大切にして、広い心でこのコミュニケーションを楽しんだらいいと思います。

★★★ Excellent!!!

少ない文字数で、さらっと全部読めました。
小説の書き手であれば、誰もが悩むテーマを平易な文章で解説されています。
私も、触発されて最初のレビューを書いてます(これがそうです)。
カクヨムでの立ち回り方を教えてくれて、ありがとう。

★★★ Excellent!!!

此処に書いていることに全面的に賛成です!
レビューをして盛り上げていくのって本当に大事だと思うんですよ。
自分の考えをまとめる練習にもなるし、見知らぬ他の作者と繋がることも出来る。
こういうことができるレビュー機能を積極的に使って作者同士の交流が今以上に盛んなサイトになることを僕は祈っています。
これからもカクヨムを盛り上げてまいりましょう!

★★★ Excellent!!!

カクヨムに来て、ひと月過ぎたぐらいの者です。
子どもたちには懐疑の目で見られるし、私には合わないのかなあと思っていたところです。
このサイトでのコミュミケーションの取り方がよくわかっていない、というのが最大の理由だと、「作品を読んでもらうためにあなたができること」を読ませていただいて、確信しました。
よくわかっていない、というか自分なりの指針がないということですね。
おかげさまで、前向きに考えられそうです。ありがとうございます。
「作品を読んでもらうためにあなたができるこれと」の他の方の書かれたレビューも、参考になりました。
どう「カクヨム」するか考えつつ、少しずつ行いたいと思います。
SNSもやっていますが、長く続けていくうちに、なんとなくわかる部分もありますので。

★★★ Excellent!!!

まったくそのとおり! だと全力で作者さまに同意します。

誰だって自作を読んで欲しくて登録しました。
誰だって読んでくれたら感想が聞いてみたい。

書店で平置きされ、賑やかでキャッチーなPOPで彩られた書籍。
自分が共感した作品をそんな風に宣伝するのは自分が書店員になった気分にもなれ、楽しいものです。

それがきっかけで作者さまと交流ができ、自作を読んでもらえるチャンスになるならなおのことです。

「レビュー書かなきゃ」ではなく、「ぜひ読んでみて!」レビューはきっと作者さまにも、これからその作品を手に取る方にも、それから自分にもいいコトだと思います。

★★ Very Good!!

最初は星だけ落としていたのが、ある時期からレビューを付け始めたのは、作者さんに対する礼儀のようなものを感じたことと、自分が読んで好きになった作品がもっと広まればいいなと思ったから。

でも、レビューを書いたことで繋がったご縁も少なからずあります。レビューを書くことで、その作者様と友好関係を築く事が出きるのは確か。

作品を読んでもらうことを考えるにあたっては、まず、いかに繋がりを広げるかが大切なような気がします。それで、「レビューを書こう」に繋がるのですね、きっと。

★★ Very Good!!

これはね。一理あります。
ただし、これを鵜呑みにして勘違いする人も少なからず出てきます。
それは私達書き手だけではなく運営も同様です。

私の知人もカクヨムを盛り上げるために、この作品で取り上げられているような行動を取りました。しかし、結果は運営からの警告です。

運営の判断は作品の現行の部分まできちんと読んでレビューしなければならない。と判断の出来るメール内容でした。

自身の勝手な判断とタイミングでレビューすることはダメなようです。
これだけは伝えておきたい。

★★★ Excellent!!!


素敵な作品に出会ったときに。
たくさんの方に知ってほしい、読んでもらいたいと思うのは、作者さんだけではないと思うのです。
何もしなければ、その作品は埋もれてしまうかもしれません。

『読む』ことは、他の作者さんと交流するきっかけに繋がります。
交流が、作品を読まれるものに変えていくはずです。
レビューは、その一環。

自分の作品を読んでもらいたいと思うのは、書いている人に共通する思い。
1日に10分、あるいは短編をひとつ。
読む時間を作って、レビューしてみませんか?
きっと、カクヨムさんで過ごす時間がもっと楽しくなると思います。

★★ Very Good!!

レビューする事で、新着レビュー欄に載ります。それも利点の一つです。
他人のためにレビューしたつもりが、自分のためになる事もあります。

別に無理をしてレビューを書く必要はありません。
しかし、自分がここに居るよ! と叫ばない事には見つかる確率は上がらないでしょう。

もちろん、作品との相性などもあります。自作が読まれるとは限りません。
また、自分が選んだ作品が必ずしも楽しいとは限りません。
でも、もし良い作品・作風に出合えたのならレビューしてみましょう。

拙い言葉で、単純な言葉で構いません。
面白い! その一言でも相手は嬉しくなるかもしれません。
それがあなたの作品へのきっかけになるかもしれません。

あまり、発言しないユーザー様でも知名度が高い人はいます。でもレビューは書いていたりします。

苦手な人がいるのも事実ですが、書いている内に慣れてくるかもしれないですよ。

とにもかくにも、まずは他人の作品を読んでみませんか?
そして面白いなら、評価。つまらないならスルーで。