作品を読んでもらうためにあなたができること

作者 水谷 悠歩

188

71人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

カクヨムのユーザー(特に書き手)が心構えとして知っておくべきことが、丁寧に、わかりやすく書かれています。
私自身もまだ日が浅いので、参考になりました。
多くの人にお勧めします。

★★★ Excellent!!!

――

感想は返信の手間が申し訳ないなと感じたり、かと言って評価のあるレビューは敷居が高いと感じてなかなかチャレンジできず、もっぱら読んだものを個人の記録的にSNSで流していました。

けれどももう少し気軽に考えて残していってもいいのかなと感じました。
双方にメリットがありますしね。

ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

――

書いた物を読んで欲しいのは誰しも思う事。
その為の架け橋は自分で作る以外ありません。

有名人ならともかく、無名の一般人がSNSで呟いても『いいね』が1つも着かずに流れるのと同じです。

レビューを書けば自分との架け橋になる事プラス、トップページに掲載されるので書いた方にもメリットが有ります。

そこから産まれるコミュニケーションは確かにあるので、同じサイトでコミュニケーションを取りたいなら、まずは書いてみる事だと思います。

端的な文章にしていただいて、とても解かりやすかったです。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 短く、わかりやすく、レビューの大切さが語られています。一度もレビューをしたことがない、こわくてできないという方におすすめです。
 また、レビューをすることで、自身の文章力が上がることも利点の一つに挙げたいです。
 今後も沢山のレビューを書いて、カクヨムを楽しもうと思います。

★★★ Excellent!!!

――

やっぱり、小説も娯楽である以上、私利私欲の感情は捨てきれないと思います。
ですが、それを理解してカクヨムを利用するのとしないのとでは、雲泥の差があると思いました。
レビューを書くという事にも、それは当てはまるでしょう。

レビューの向こうにいるのは、人間なのですから。
改めてそれを認識させられました(`・ω・´)

私も小説を書いていますので、参考にしようかと思います。
宜しければ、私の小説にもレビューを頂けると嬉しいですm(__)m

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

人を生かす事が、最終的には自らを生かす事になる事を説いた、とても素晴らしい評論です。

世の中は基本的に「互助の拡大」によって成り立っています。
人を助け、そしてその結果、それ故に人に助けられる。
人を生かす事は、究極的には自らの便益を生み出す種になる訳です。

作品を読んで欲しいのならば、誰かの作品を必ず読む事。
読んで、読まれて、読み返されて、そうやって紡いだ絆が力量になる。
本作は作家としての実力を付けたい方に、本当にお薦めだと思います。
ぜひ、ご一読を!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

かくいう私もその一人です(^^)
おなじ趣味をもつ方々がこんなにも大勢集まっているこのサイトで、書いてばかりで窓を開かないのは勿体ない!
読んで、レビューして、沢山の方と感想や意見交換したい。

本を読むのが元々好きだったから、高じて物語を書いています。
『同人界』では漫画が多勢…小説は売れないし、友人にも読んでもらいにくい…でも折角書いたから、誰かに評価してほしい…。そういう気持ちを抱えたこと、1度はあるかと思います…。
個人サイトで活動するもよし、公募にも挑戦するもよし…。
しかしここは同じ情熱を語ることが出来る同志の方々がたくさん集まる投稿サイトです!レビューを通して、たくさんの窓を開くことの出来るココで、充実したカクヨム生活を楽しまなければ、勿体ない(^o^)つよくそう思います。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

カクヨム初心者である私にはハードルの高いレビュー。
人様の作品にレビュー。恐れ多いですね。
そんな気持ちを軽くしてくれました。
大切なことを教えられた気分です。

レビューはもらう側としてはとても嬉しいものです。
その気持ちを実感したら、実践あるのみ!

★★★ Excellent!!!

――

やはり作品自体を読む前にレビューを読むことは多いです。
レビューが付いていない作品は星が多くても敬遠しがちです。
そして、よくレビューを書かれる方の名前も覚える様になりました。
確かに作家同士で興味を持つことに繋がるのは大きいと思いました。

自分自身、レビューを書き始めてから自作が読まれるようになりましたし、一番読んでもらいたい作品もレビューが付いた作品から自分を知ってもらう事でそちらに興味を持ってもらえていると感じています。

投稿も重要ですが、やはりレビューを書くこともカクヨムでの活動では重要な要素ではないのかと思っています。

このお話はカクヨムで活動していくために一度読むべきだと思います。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 レビューを書くのはハードルが高い!とおっしゃっている方、たくさん見受けられます。
 でもほんと、もらう側は3行とかでも嬉しいんですよね。
 自分がレビューを書いてもらった時にどんなのが嬉しいかという視点でレビューを書ければきっとうまくいくんでなかろうか、と思ったり思わなかったりです。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

カクヨムが始まった次の日に、私は著者様の書いたことが一にも二にも大事なのだと気づかされました。

今もおそらくそうですが、いわゆる読み専と言われる方が圧倒的に少ない中、必然的に読みに回るのはほかの作者様達です。そのような状況で、

 [あなたのは読まないが、私のは読んで下さい]

なんてスタンスでは、読んでくれる方なんていません。私も正直、レビューが0の方は例え作品がおもしろそうでも二の足を踏みます。それよりも、繋がりのある方の作品を読もうという心理が働くのは当然だと思います。だって大事な仲間ですから――。

中にはそういった活動の仕方を相互だと断じて、小説の“質”で勝負すべきだという方もいらっしゃいますが、その“質”は誰が判断するのでしょうか。

読者さまですよね。では知名度もない状況で、その読者様はどこから連れてくるのでしょうか。……答えられませんよね?

つまり、セルフマーケティングという“努力”をしましょうということです。試しに一週間、一日二件、レビューを書いてみてください。おそらく、あなたという存在に光が照らされると思いますよ(⌒∇⌒)

さんがに★で称えました