作品を読んでもらうためにあなたができること

作者 水谷 悠歩

374

142人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

やっぱり、小説も娯楽である以上、私利私欲の感情は捨てきれないと思います。
ですが、それを理解してカクヨムを利用するのとしないのとでは、雲泥の差があると思いました。
レビューを書くという事にも、それは当てはまるでしょう。

レビューの向こうにいるのは、人間なのですから。
改めてそれを認識させられました(`・ω・´)

私も小説を書いていますので、参考にしようかと思います。
宜しければ、私の小説にもレビューを頂けると嬉しいですm(__)m

★★★ Excellent!!!

人を生かす事が、最終的には自らを生かす事になる事を説いた、とても素晴らしい評論です。

世の中は基本的に「互助の拡大」によって成り立っています。
人を助け、そしてその結果、それ故に人に助けられる。
人を生かす事は、究極的には自らの便益を生み出す種になる訳です。

作品を読んで欲しいのならば、誰かの作品を必ず読む事。
読んで、読まれて、読み返されて、そうやって紡いだ絆が力量になる。
本作は作家としての実力を付けたい方に、本当にお薦めだと思います。
ぜひ、ご一読を!

★★★ Excellent!!!

やはり作品自体を読む前にレビューを読むことは多いです。
レビューが付いていない作品は星が多くても敬遠しがちです。
そして、よくレビューを書かれる方の名前も覚える様になりました。
確かに作家同士で興味を持つことに繋がるのは大きいと思いました。

自分自身、レビューを書き始めてから自作が読まれるようになりましたし、一番読んでもらいたい作品もレビューが付いた作品から自分を知ってもらう事でそちらに興味を持ってもらえていると感じています。

投稿も重要ですが、やはりレビューを書くこともカクヨムでの活動では重要な要素ではないのかと思っています。

このお話はカクヨムで活動していくために一度読むべきだと思います。

★★★ Excellent!!!

 レビューを書くのはハードルが高い!とおっしゃっている方、たくさん見受けられます。
 でもほんと、もらう側は3行とかでも嬉しいんですよね。
 自分がレビューを書いてもらった時にどんなのが嬉しいかという視点でレビューを書ければきっとうまくいくんでなかろうか、と思ったり思わなかったりです。

★★★ Excellent!!!

カクヨムが始まった次の日に、私は著者様の書いたことが一にも二にも大事なのだと気づかされました。

今もおそらくそうですが、いわゆる読み専と言われる方が圧倒的に少ない中、必然的に読みに回るのはほかの作者様達です。そのような状況で、

 [あなたのは読まないが、私のは読んで下さい]

なんてスタンスでは、読んでくれる方なんていません。私も正直、レビューが0の方は例え作品がおもしろそうでも二の足を踏みます。それよりも、繋がりのある方の作品を読もうという心理が働くのは当然だと思います。だって大事な仲間ですから――。

中にはそういった活動の仕方を相互だと断じて、小説の“質”で勝負すべきだという方もいらっしゃいますが、その“質”は誰が判断するのでしょうか。

読者さまですよね。では知名度もない状況で、その読者様はどこから連れてくるのでしょうか。……答えられませんよね?

つまり、セルフマーケティングという“努力”をしましょうということです。試しに一週間、一日二件、レビューを書いてみてください。おそらく、あなたという存在に光が照らされると思いますよ(⌒∇⌒)

★★★ Excellent!!!

私もレビューは大切なものだと考えています。
私自身レビューを通して感想をいただければとてもうれしい。
がんばって書いたわが子のような作品を褒められればうれしい。
だから人の作品もちゃんと読むし、読んだら感想を書きます。
作家さんが喜んでくれればこちらもうれしい。
レビューを通じて他の人が読むきっかけになれば尚うれしい。

そう、うれしいことしかないわけです。
もっともレビューが苦手な人がいたり、ためらう人もいます。宣伝としかとらえない人もいるでしょう。
でもそういったもろもろも大きく理解したうえで、うれしい気持ちを大切にして、広い心でこのコミュニケーションを楽しんだらいいと思います。

★★★ Excellent!!!

此処に書いていることに全面的に賛成です!
レビューをして盛り上げていくのって本当に大事だと思うんですよ。
自分の考えをまとめる練習にもなるし、見知らぬ他の作者と繋がることも出来る。
こういうことができるレビュー機能を積極的に使って作者同士の交流が今以上に盛んなサイトになることを僕は祈っています。
これからもカクヨムを盛り上げてまいりましょう!

★★★ Excellent!!!

カクヨムに来て、ひと月過ぎたぐらいの者です。
子どもたちには懐疑の目で見られるし、私には合わないのかなあと思っていたところです。
このサイトでのコミュミケーションの取り方がよくわかっていない、というのが最大の理由だと、「作品を読んでもらうためにあなたができること」を読ませていただいて、確信しました。
よくわかっていない、というか自分なりの指針がないということですね。
おかげさまで、前向きに考えられそうです。ありがとうございます。
「作品を読んでもらうためにあなたができるこれと」の他の方の書かれたレビューも、参考になりました。
どう「カクヨム」するか考えつつ、少しずつ行いたいと思います。
SNSもやっていますが、長く続けていくうちに、なんとなくわかる部分もありますので。

★★★ Excellent!!!

まったくそのとおり! だと全力で作者さまに同意します。

誰だって自作を読んで欲しくて登録しました。
誰だって読んでくれたら感想が聞いてみたい。

書店で平置きされ、賑やかでキャッチーなPOPで彩られた書籍。
自分が共感した作品をそんな風に宣伝するのは自分が書店員になった気分にもなれ、楽しいものです。

それがきっかけで作者さまと交流ができ、自作を読んでもらえるチャンスになるならなおのことです。

「レビュー書かなきゃ」ではなく、「ぜひ読んでみて!」レビューはきっと作者さまにも、これからその作品を手に取る方にも、それから自分にもいいコトだと思います。

★★★ Excellent!!!

その通りだと思います。

ボクもカクヨムに来てしばらくは★はおろかPVすらほとんどない状況が続いていました。自分の作品に申し訳なくてかなり落ち込んでいました。

ただ、「このままではいけない!」と奮起してPR作戦を敢行しました。とにかくできることをやりました。まさにここで書かれているようなことです。

結果として、作品に興味を持ってもらえたことでファンやリピーターや友人ができ、★やPVもいただけるようになりました。カクヨムライフが楽しく活気あるものとなったことで執筆に対するモチベーションも向上しました。

「読まれない……」と嘆くのはできることをすべてやってからでも遅くありません。「私は書き手だ。営業なんて恥ずかしくてできない」などといった、おかしなプライドは捨てましょう。作品を愛しているのなら書くこと以外で努力することも大切です。

いくら素晴らしい作品を書いても、その存在が広く周知されなければ読まれることはありません。黙っていても評判が人伝に広がり読んでもらえるような作品は稀です。「5年や10年に1人の逸材」は例外的な存在であることを認識すべきですね。