明かす事

作者 ソラノ ヒナ

57

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

同じ人を好きになる。

それは男の子も女の子も変わらないし、年齢だってこの時期だけじゃない。

でも、大人になり切れていない中学~高校時代は「友達」という都合のいい言葉を使いながら、なんとか自分に気持ちを向けてほしいと思う願いと同時にそれをすることで友達を失いたくないという気持ちを持つことは珍しいことじゃない。

もう少し大人になると「三角関係」という言葉で片づけてしまうかもしれないけれど、まだこの子たちはそこまで器用じゃない…。その二つの相反する気持ちの中で傷ついて何度も涙を流して…。

人を好きになること、好きな人を失うこと。それはどちらも人生のスパイスになるといいます。

今、友達と好きな人のどちらを取ればよいか迷っている人へ。
「あなただけじゃないんだよ…」って伝えたいお話です。

★★★ Excellent!!!

恋心を隠し続け、結果、告れずにそのままって事は、みんなが経験する、よね?

でも、勇気を出して、告ったら、その日から、また違った自分に会えるかもしれない。

いや、それで失恋しても、恋が叶っても、きっと成長しているはず!

恋をしよう!
そして、そこから、一歩踏み出しみよう!

きっと、アナタは、昨日までの自分より、ステップアップするはずだから!

そんな気になる、気になるお話です!

是非、みなさんもご一読を!!

★★★ Excellent!!!

親友への想い。親友だからこその遠慮、自己犠牲。そして、溢れだす恋心。
読んでいて、胸が痛くなったり、切なくなったり、照れてしまったり、嬉しくなったり。
主人公にも、親友にも、ライバルたちにも、主人公の想い人にも。
みんなに共感できるお話。
読み始めたら、必ず最後まで読みたくなるお話です。

それにしても。
黒瀬くんは、ズルいと思うくらいに、素敵な男の子ですね♪

★★★ Excellent!!!

友情と恋愛は、学生時代のワンセット。

この物語は、親友と同じ男を好きになった少女の物語。
いや、このぐちゃぐちゃはわかる。

私なら、怖くて、好きな相手を諦めそうな状況に、彼女たちが下した決断。

とてもさわやかな青春物語です。
お勧めします!

★★★ Excellent!!!

ご縁がありこの物語に出会いました。読み終えましたので、レビューさせていただきます。

本作は短編『隠し事』の続編です。まずはこちらをご覧くださいね。あまりは明かせませんが、これは親友と好きになった男への想いに揺れる、一人の女の子の物語です。

惹かれるのは、やはり心情描写。一人一人の想いが丁寧に、かつ明確に書かれている為、この子がどんな子なのか。今どう思っていて、どう気持ちが揺れているのか、とキャラクター達に寄り添いながら読み進めていくことができます。
彼女らの想いは、何も突飛なものではありません。誰もが考えて、願って、そしてちょっと欲張って。そんな当たり前な想いを持つからこそ、読み進めていった私は彼らに共感してしまいました。

全部が全部、上手くいく訳ではない。誰かは思う通りにならず、悲しむかもしれない。それでもと進んだ先には、新しい景色が広がっているから。私だけかもしれませんが、そんな小さな力強さも感じました。

思春期の彼らの、不器用でぶつかり合って、それでもと前を向いた物語。他の皆さまも是非読んでみてください。