目を覚ますと、魔王になっていた

作者 キロール

45

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

幾度となく重ねた“勝負”によって抱いた感情は、どこか麻痺のような雰囲気さえ漂わせる。

タイトルにある大まかなシナリオはそう珍しいものではないが、転生・変化に関する諸設定は特異であり、
チート等も大々的に扱われることなく、あくまでも勝負師的なところが何よりも本作の魅力を高めている。

★★★ Excellent!!!

転生物によくある、どーでもいい前世ではなく、主人公のキャラが立ちまくってる作品。手抜きはなく、むしろ書きすぎと言われる作品も珍しいでしょう。しかも短編。

魅力ある主人公とは?を改めて考えさせされる作品でもありますね。

ラストもしっかりスッキリ展開で、酷評したくても難しい、敢えて言うなら程度。好みの問題でもあります。

このような作品なら、異世界転生も読めますね!オススメ!!

★★★ Excellent!!!

異世界転生・転移モノを読む時、いつも疑問に思うことがあるのです。
これ、現地の青年が主人公でも良くね?
なんでわざわざ異界から一般人を召喚するわけ?
つまり「この主人公でなければ成立しない話なのか、これは本当に」という点が私にはとても気にかかるのです。別人が召喚されたとしてもつつがなく話は進んでいたように思える、そんな話をこれまでにも沢山カクヨムで見かけました。

されど、この作品は違います。
絶対にこの主人公でなければ完成しない話なのです。
なぜ召喚されたのか、その理由が明確になることは勿論――「作者さま」がなぜ彼を選んだのかまでハッキリとわかる作品はそうありません。

それはつまり、異世界転生モノでアヤフヤになりがちなテーマとオチがガッチリ作り込まれているという事を意味しています。そうきたかぁ~と喝采したくなる構成も実に素晴らしい。
現実世界であろうとも、異世界であろうとも、過ごした土地は異なれど、それは同じ人生。そこに意味を見出せるかは生き方によって異なるのでしょう。
短編ながら模範となるべき出来栄えだと感じました。
異世界転生ものが好きな方、これから書いてみようかな~とお思いの方は是非!