嘘つきカウンセラーの饒舌推理

作者 真木ハヌイ

99

35人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

その存在すら、虚実のどちらかが分からないカウンセラー、ウロマ。
彼のカウンセリング・ルームに招かれるのは、彼が『診られる』人だけ。
『診られる』のは、行き場のない病、人と人とのしがらみ、故人の秘密、視界に跳梁する黒猫……等々。
こんな悩みが解けるのか? しかもこんなやり方で大丈夫なのか?
そう思いつつも、読み進んでいくと……唸らされてしまいます。
読者も気がついたら陥れられているかもしれません。

その名にたがわぬ、ライトミステリの逸品です!

★★★ Excellent!!!

作品を応援いただいたご縁で、この物語に出会いました。
更新分まで読み終えましたので、レビューさせていただきます。

人の心理を浮き上がらせる、言葉巧みな自称カウンセラー。彼の言葉は回りくどいようで、その実、本質を突いていて。その彼が振り回す依頼人の人間模様も丁寧に書かれていて、一話完結ものとしてすごく読みやすいものでした。

今後の彼の独特なカウンセリングが、どうなっていくのか。続きを楽しみにしております。
他の皆さまも是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

荒療治は基本。嘘も方便なカウンセラーの下へはいろいろこじらせた依頼者達が訪れます。

回る舌は止まることなく、煽って、騙して、治療して?
依頼者本人にもわからない心の傷を無遠慮に開いていく会話劇。
最後には寓話にも似た教訓と共に後味さわやかなビターエンドを楽しめます。

主人公の濁流にも似た狂言回しは必見です。
やっていることはカウンセリングなのになぜかミステリーも味わえる、少し変わった読み味を楽しみたい方にお勧めの一作です!