桜々の補習授業

作者 てつひろ

33

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公は、季節ごとに、学校の不思議と絡み合った不思議な人と出会ってゆきます

学校の怪談や七不思議好きの方や、
純情すぎる感情を持つがゆえにか、周囲とはうまくとけ時めない少女の物語を望む方

そんな物語を読みたい方々、エピソードをクリックしてみたら、いかがでしょうか

★★★ Excellent!!!

中学三年生、「櫻子」こと「さくら」が学校で出会う、数々の不思議な出来事。
いつの間にかそばにいた、「美桜」こと「ミオ」という名の友達とともに。
さくらの日常に、「学校の七不思議を解き明かす」という、ちょっと怖いような、でもちょっとワクワクするような使命(?)が訪れます。

春夏秋冬、季節が廻り。
さくらとミオが出逢う不思議な体験、ちょっとオカルトのような人たちは、どこか滑稽で、優しくて、何故だかちっとも怖くない。
ひとつひとつの出逢いが、さくら自身と深くつながっている、ということにも気づかずに。
そして迎える、最後の冬。七不思議の秘密が、少しずつ解き明かされていきます。

作品全体を通して流れる温かな風は、いつも桜の花弁を乗せて。
さくらとミオ、周りの人たちに、いつも温かな春の風を届けます。
女子中学生の友情、心のもつれ、勇気、仲直り。
そしてまた続いていくつながり。
読者の心にも、ほっと優しい桜の花を届けてくれる、素敵な青春ダイアリーです。

★★★ Excellent!!!

 よく「桜の木の下には死体が埋まっている」というが、この物語はそんな使い古された言葉を忘れてしまうくらい、優しい物語だ。
 女子高校生の主人公は、親友と学校に伝わる不思議について調べ始める。それらの不思議に出会い、彼らの心の内に触れるたび、主人公は心の痛みと共に成長していく。
 春にはオオカミ君。狼の着ぐるみの頭だけを被った不思議の一つで、放課後の教室に出没する。主人公は尾上君とノートのやり取りをしたことを思い出す。果たしてオオカミ君は、尾上君なのか。夏にはミイラ先輩。包帯を自分のアイデンティティにしてしまった、陸上部の先輩らしいのだが、何故先輩はミイラになってしまったのか。そのきっかけは小さくも心に刺さるものだった。秋には透明人間。体育館の不思議。声は少女のものだった。そして冬には――。
 春夏秋冬の不思議たちに託された伏線が、全て回収される時、「不思議」に隠された真実が目の前に現れる。その時、主人公は……。

 切なくも温かく、そしてどこか懐かしい。
 最後はこころにじわっと心に滲む優しい感情がありました。

 是非、是非、御一読下さい!

★★★ Excellent!!!

桜を中心とした温かい、あたたかいお話でした。

さくらの学生ならではの悩みは、読んでいる私も共感できるところがありましたし、無邪気で明るくて頼りになるミオを見ていると、こちらの心まで支えてくれるような気になりますね。
それに春夏秋冬、それぞれに出てくる人物たちも個性的で、次はどうなるのかなぁと終始ワクワクさせてもらいました。それぞれ違う話を描いているようで、最後全てが一致する、このお話の構成も大好きです。

寂しい時にそっと寄り添ってくれる、冷えてきた心に温かさを与えてくれる、春の陽気のようなお話が程よくて、本当に大好きです。個人的には学生さんたちに読んでもらいたいと思いました。一人で寂しさを感じた時に、きっと、友達になってくれる話だと思います。

ぜひぜひ、ご一読を。

★★★ Excellent!!!

平凡な町に住む、人間関係のちょっと苦手な女子中学生が主人公。それぞれの季節を追い、学校の七不思議的伝説とも交差し、物語は進行していきます。
読んでいるうち、思春期の頃、こうだったな……というノスタルジーを超えて、今その場に思春期の等身大の自分がいるような錯覚をおぼえてしまいます。桜の花、夏の日差し、にわか雨等それぞれの季節の空気が肌に伝わってくるような描き方が半端ないです。
そのまま本にして大切に本棚にしまっておきたくなるような物語。連載中ですが、いつも更新が楽しみです。