銀狼は花の乙女に癒され、まどろむ ~身代わり侍女は冷酷皇帝の抱き枕~

作者 綾束 乙

彼女はきっと、これから花咲く、つぼみの乙女

  • ★★★ Excellent!!!

銀狼国の男性皇族は、人知を超えた『銀狼』の力と、その代償をその身に受けます。
そして、そんな彼らを癒やすのは『花の乙女』の女性たち。
『花の乙女』を求めていた皇帝ウォルフレッドと、自分が『花の乙女』であることを知らずにいたトリンティアが出逢うことで、物語は始まります。

幼少時に虐げられてきたために、自分を否定してばかりのトリンティア。
彼女の言動や、大きな勘違いは、ちぐはぐでおかしいとも言えるのですが、読み進めていくうちに応援せずにはいられなくなってきます。
「そうじゃないから!」「そんなんじゃダメでしょ!」と、背中を押してあげたくなるのです。

そして、徐々に明らかになっていく真実に、「……つまり、そういうことだったの!?」と、叫ばずにいられません。

これから花咲くトリンティア。
凛々しい……けれど、「その礼儀正しさは違う!」と叱りつけたくなってしまう(ごめんなさい……)皇帝ウォルフレッド。

このふたりを、ぜひ皆様に見守っていただきたいです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

伯爵家の養女とは名ばかりの扱いを受けていた主人公のトリンティア。
彼女は銀狼国の王城へ侍女見習いの奉公にあがることに。
そして王城で『冷酷皇帝』と呼ばれるウォルフレッドに出会い、トリンティアの運命の… 続きを読む

月ノ瀬 静流さんの他のおすすめレビュー 198