トリキの錬金術師 〜元・アラサーOLは異世界で居酒屋営業目指します!〜

作者 南雲 皋

そうだ、焼き鳥食べよう

  • ★★★ Excellent!!!

トリキはあのトリキです。
タイトルからもあらすじからも滲み出るハイテンション、読んでみてもハイテンション。
そして数話読んで気付きます、『あ、これ面白いやつじゃん』と。

異世界転生なので出てくるのは異世界生物と異世界調味料。
とりあえず調味料やら何やらの名称が好き。語感が良くて言いたくなる。
しかしちょっと困るのは異世界生物。魔物も含まれているはずなのに、脳内で再生される映像はピンクの生肉。
一口サイズのお肉がぽんぽんぽんっと串に刺さって、油を垂らしながら火に炙られる――そう、焼き鳥です。

あっちにも焼き鳥、こっちにも焼き鳥。もう随所に焼き鳥。お腹空く。
私のトリキ経験は1回だけのはずなのに、ちゃんと違和感なく焼き鳥です。

異世界転生苦手? ――大丈夫、焼き鳥です。
トリキを知らない? ――大丈夫、焼き鳥です。

さあ、貴方も焼き鳥の魅力を再確認しましょう。
(※焼き鳥しか言ってないので内容は他の方のレビューを参考にしてください)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

新菜いにさんの他のおすすめレビュー 155