八百比丘尼~鈴音先生の不思議授業!

作者 白狐姫と白狐隊

186

71人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ひとこと紹介の通り、この物語は八百比丘尼の教師の話をエッセイのように小難しくなく楽しめる作品となっています。日本の民俗学や歴史、教養などちょっとした雑学を摘むのがお好きな方はぜひ。今までそういう雑学とは縁がなかった方もこれを機に沼にハマること間違いない作品です!とても面白い!何百年も生きてる方ですからね、こういった設定も好きです。

★★★ Excellent!!!

 八百比丘尼である教師と、彼女の双子の娘、そして、こちらはごく普通の主人公達が織りなす学園生活を描いた作品。

 学園生活が動き出すのは6話から。語り手であり、主人公でもある少年が登場するのもそこからです。

 軽妙な語り口で綴られる一人称の物語はテンポよく進み、次から次へと読み進められます。主人公を取り巻くクラスメイトたちも個性豊かで、それぞれ名前が歴史上の人物だったり、言動にクセがあったりと、学園生活ならではの明るさや、軽さが感じられました。

 そんな本作ですが、実は物語とエッセイを上手い塩梅で足して2で割ったような作品、というのが私の印象です。
 特に小タイトルが「教養授業」で始まるお話は、八百比丘尼である先生の授業風景を描いています。そこでは事実・歴史問題を始め様々な物事が独自の観点で語られるのですが、まさにそれこそが、本作の特徴であり、最大の魅力です。

 ためになるお話を基本的な知識から順に説明し、それについて作者様の代弁者でもある先生が見解を述べる。しかもその内容は決して押し付けがましいものではなく、あくまでいち意見として述べられており、生徒・読者に考えさせる余地を残してくれます。
 しかもこれが一人称で語られる物語の一部であるために、読んでいる私も授業を聞いているような錯覚に陥りました。おかげで、教養授業1つ1つを読み終えるたびに考えさせられてしまいます…。同時に、自分の中に問題意識が芽生えていることに気付かされるわけですね。終わってみれば、知らないうちに新しい知識と知見を得ている。正しく、濃密な授業を1つ受けたような気分になりました。もちろんそこには、作者様の豊富な知識量と深い考察、読者への配慮があるように思えます。

 そんなエッセイのような「教養授業」と対になるのが、主人公の学園生活。主にこちらに絡んでくるのが八百比丘尼の双子の娘さんたち。双子であ… 続きを読む

★★ Very Good!!

設定が実にいい。
八百比丘尼の伝説をいい感じでベースにして書いてあると思いました。
ただ、個人的にはもう少し1話ごとのボリュームが欲しかった気がします。
これぐらいがいいと言う人もいるだろうけど、僕はせっかく面白いのだからもっとガッツリ読みたいと思いました。

★★★ Excellent!!!

日本各地に残る、不老の美女「八百比丘尼」の伝承を御存知でしょうか。
本作は、その八百比丘尼である如月鈴音が高校教師として、時に切々と教壇で語り、時にお色気衣装でロックにはっちゃけ、時にお酒をガロン単位でぺろりと飲み干す、不思議な日常を描いた物語です。
清楚で可憐、艶やかな黒髪の美女、いや十代の美少女にしか見えない鈴音先生は、驚きと言うかさもありなんと言うか、やはり絶世の美少女姉妹を娘に持ち、三人一緒に先生と生徒それぞれの高校生活を始めます。
教室の仲間も、なんだか教科書や偉人伝で聞いたことある人ばかり、なんとも素敵な環境です。
授業は知識の教示にとどまらず、受け取り方、考え方、活かし方、楽しみ方まで含んでいます。
こんな教室で、こんな先生に、こんな授業をしてもらいたかった……そんな願いを叶えてくれます。
さあ、もうすぐチャイムが鳴りますよ、一緒に教室に入りましょう!

★★★ Excellent!!!

とある高校で教鞭をとる如月鈴音先生は不老不死の八百比丘尼。
しかも御歳1500歳。だけど見た目は美少女。
この鈴音先生が実に興味深い授業をします。
・八百比丘尼について。
・モーツァルトとベートーベンについて。
・数学の効果的な勉強法について。
・勝海舟の父親である勝小吉について。
・武田信玄について。
・織田信長について。
どれもこれも知的で考えさせられる授業内容です。

またこの国と八百比丘尼達との関係もよく考えられています。
不老不死の日本代表は何と言っても八百比丘尼。
彼女を扱う物語は悲劇性が高いですが、この作品は青春しています。
読みながら楽しかった高校時代を思い出してしまいました。