切り刻まれた命

作者 小鷹りく

2000字未満。なのにすべての情景が目の前に画像として浮かんで来た。

  • ★★★ Excellent!!!

旧家にある2本の柿の木。
長年交互に実をつけてきたのだが、ついに切られてしまうことに……。

短編とは思えぬ完成度です。
これ、2000字もないんですよ。なのにすべての情景が目の前に画像として浮かんで来ました。

お見事です。脱帽しました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

仁志 水ぎわさんの他のおすすめレビュー 72