転生者を迎える側の悲喜こもごも。カオスちっくな日常。

 例えるなら、映画「トゥルーマン・ショー」のスタッフ側にフォーカスして、ドリフターズのような演出を現代風にアレンジした感じ。
作者本人が「ノリと勢いで書いていきます!(意訳)」と宣言している通りの良さが滲み出ている作品。

その他のおすすめレビュー

コケッコゥさんの他のおすすめレビュー136