ウザ絡み冒険者ルイード

作者 紅蓮士

914

337人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

全話読み切れていないのですが、15話ほどまで読んでみて良かった点を書いていこうかなと思います!

まず第一に、(ネタバレに当たりそうなので伏せておきますが、主人公ルイードがある目的の為に)冒険者にウザがらみをしていくっていうアイディアがとても面白いと思います。

しかもキャラクターも一人一人立っていて、アイディアだけの作品で終わっていないというのがとてもすごいと思いますね。
ちなみに僕は、エルフのカーリーが一番好きです! 仕事できるって反面、ルイードに対してツンデレ(?)しちゃうところが特にかわいいです! カーリー最高。。。(シルビスも好きですが!)

世界観や設定も難しくなく、スッと入っていける作品になっていると思います。

会話文と地の文のバランスもちょうどいい感じですし、ストレスなく読めますね!

イケオジのルイードがこれからどんな冒険者に会っていくのか、めちゃくちゃ楽しみです!!!

ぜひこのレビューを見て下さった方、『ウザ絡み冒険者ルイード』を読みに行ってみてください!

★★★ Excellent!!!

異世界転生ものでは決して欠かせない登場人物、それは主人公たちが初めてギルドを訪れた時に絡んでくるおっさん……!

牛丼でたとえると肉でも米でもなく紅ショウガのような存在だが、物語を彩るという意味では欠かせない存在だ(※好みには個人差があります)。本作はそうやって若き冒険者たちに絡んでくるおっさん、【ウザ絡みのルイード】が主人公。

さっそく冒頭から若き【稀人】の冒険者にウザったく絡んではあっさり撃退されるのだが、実はこのおっさん、かつて魔王を討伐したものすごい冒険者。魔王討伐後、出世や栄達を望まず、さりとて隠居もしたくないので、暇を持て余して新人の育成や実力調査という名目で日夜若者に絡んでいるのだ! いろんな意味でめんどくせえおっさんだな!

しかも根が良い奴だし演技が下手なので、ところどころで棒読みになったり色々不自然になるわけだが、そういう不器用なところが逆に良い味を出しているのだ。

おかげで邪険に扱っているようでもルイードの下には自然と人が集まるのだが、天然でルイード以上にウザい絡み方をするノームの少女とか元アイドル冒険者とかいずれもくせのある者ばかり。そんな変わった若者に慕われ振り回されながらもギルドで起きる色んなトラブルを解決するおっさんの日常が楽しい一作だ。


(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=柿崎 憲)

★★ Very Good!!

実力隠し系統の話なので、無双とか好きな人ならかなり入り込みやすい話だと思います。
ただ展開が早すぎるせいか、仲間もどんどん出来たりで実力が周知されすぎて、実力隠しの楽しみが長くは続かないような気がします。
個人的にはもーちょっとじっくり進めて欲しかったです、楽しい題材だっただけにそこだけ残念。

★★★ Excellent!!!

いまや「冒険者ギルドのテンプレ導入」と聞いただけで、多くの人がこのウザ絡みの流れを想像できると思う。
この作品はそんなウザ絡みする側に焦点をあてたものである。
他にあるのかは知らないが、
たしかにそういう設定の作品ありそう!と、少なくとも自分は思わせられた。作者の優勝である。ありそうでなかったのが1番すごいのだから。

主人公設定的に、おそらく舞台や人物関係に変化は少ないと思われる。だからこそ、ふらっと立ち寄って楽しめる、短編集的な作品になると期待でき、更新毎に読むweb小説にはもってこいである。
がっつり旅するファンタジーの箸休めとしても、皆さんにおすすめしたい。