デイリー詩経――あるいは崔浩先生の「『詩経』に見る陰謀論」講座

作者 浪間丿乀斎(なみまへつぽつさい)

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全175話

更新

  1. 前口上
  2. 国風(こくふう)
  3. 周南(しゅうなん)
  4. 関雎(引用6:男の恋・嫁取り/妃の徳)
  5. 葛覃(引用1:働く妻の徳/妃の徳)
  6. 巻耳(出征した夫を憂う/王を支える妃)
  7. 樛木(引用2:満ち足りた君子/嫉妬せぬ妃)
  8. 螽斯(引用8:子孫繁栄への願い/嫉妬せぬ妃)
  9. 桃夭(嫁に出る娘を祝う/嫉妬せぬ妃)
  10. 兔罝(引用4:国防の兵士を讃える/妃の徳化)
  11. 芣苢(菜摘みの乙女/幸せな妃)
  12. 漢広(引用1:高嶺の花への未練/文王の偉大さ)
  13. 汝墳(引用1:夫を待つ妻/賢王を待つ士大夫)
  14. 麟之趾(引用2:国家繁栄への願い)
  15. ◎崔浩コラム① 上古音
  16. 召南(しょうなん)
  17. 鵲巣(引用6:嫁入り歌/諸侯の妻の徳)
  18. 采蘩(引用1:夫の家の祭事を請け負う妻)
  19. 草蟲(出征した夫を憂う/士大夫の帰りを待つ妻)
  20. 采蘋(神をまつる乙女/祭祀を行う士大夫の妻)
  21. 甘棠(引用10:召公・姫奭の徳)
  22. 行露(礼なき婚儀をはねのける/道義を貫く)
  23. 羔羊(引用5:帰宅する夫を迎える/文民の理想的生活)
  24. 殷其靁(遠く公役に出た夫を待つ)
  25. 摽有梅(引用1:婚活女子/適齢期の終わり)
  26. 小星(引用3:妾が主人のもとに赴く/妻の不妬の徳)
  27. 江有汜(親族の側女のつつましさ)
  28. 野有死麕(礼節ある婚姻を望む嫁/治安維持を図る)
  29. 何彼襛矣(平王の孫の嫁入り/文王の孫の嫁入り)
  30. 騶虞(引用10:勢子の手際/文王の徳治)
  31. ◎崔浩コラム② 三国志と詩経
  32. 邶風(はいふう)
  33. 柏舟(引用2:周囲を恐れる/採用されない士大夫)
  34. 綠衣(引用1:側女に逆転される正妻/国乱の兆し)
  35. 燕燕(大いなる別離/国の乱れの悲しみ)
  36. 日月(顧みられぬ妻の悲哀)
  37. 終風(顧みられぬ妻の悲哀)
  38. 擊鼓(引用1:出征を恨む/無体な命令の犠牲)
  39. 凱風(母の苦労を思う/孝子の想い)
  40. 雄雉(夫の帰還を待つ妻/衛の宣公への批判)
  41. 匏有苦葉(節度持った婚姻の勧め/姦淫批判)
  42. 谷風(夫に捨てられた妻/夫婦の道の喪失)
  43. 式微(引用2:亡命中の主を叱る)
  44. 旄丘(黎の士大夫、衛の乱れを責める)
  45. 簡兮(勇壮な踊り/人材が用いられぬ嘆き)
  46. 泉水(帰郷が叶わぬ夫人の郷愁)
  47. 北門(引用2:憂鬱な宮勤め/暗君への怒り)
  48. 北風(過酷な環境からの逃亡/亡命の望み)
  49. 静女(デートの風景/風俗紊乱の批判)
  50. 新臺(不細工な夫への失望/衛宣公の糾弾)
  51. 二子乘舟(引用1:死出の旅路を見送る/公子の死を悼む)
  52. ◎崔浩コラム③ 詩句引用①
  53. 鄘風(ようふう)
  54. 柏舟(引用2:先立たれた夫へ立てた操)
  55. 牆有茨(浮気現場を語る/「蒸」批判)
  56. 君子偕老(引用2:死んだ夫を見送る/衛国の乱倫を批判)
  57. 桑中(浮気者の歌/衛公の不義を批判)
  58. 鶉之奔奔(引用2:無体な夫/姜氏の不義を批判)
  59. 定之方中(引用2:衛国再興の賛歌)
  60. 蝃蝀(嫁入りのルールを示す/衛の文公による風俗改善)
  61. 相鼠(引用1:礼儀なきものはクソ/衛の文公、礼を唱える)
  62. 干旄(憧れの士大夫を見送る/文公は偉大)
  63. 載馳(引用6:故郷の滅亡を嘆く)
  64. ◎崔浩コラム④ 詩句引用②
  65. 衛風(えいふう)
  66. 淇奧(瑞々しき士大夫/武公の偉大さを称える)
  67. 考槃(引用6:賢者の悠々自適/乱政を嫌う賢者)
  68. 碩人(引用1:立派な嫁入り/姜氏の将来を悲しむ)
  69. 氓(引用1:夫の無体/衛宣公の乱倫を批判)
  70. 竹竿(引用1:嫁に出た友/国に帰りたい嫁)
  71. 芄蘭(大人の真似をするちみっこ/恵公の驕慢を批判)
  72. 河廣(望郷の思い/遠き息子を思う)
  73. 伯兮(引用1:出征した夫/戦争批判)
  74. 有狐(貧困にあえぐ夫妻/国の乱れに苦しむ民)
  75. 木瓜(恩に報いる)
  76. ◎崔浩コラム⑤ 儒家センセー
  77. 王風(おうふう)
  78. 黍離(引用8:亡国の悲しみ)
  79. 君子于役(出征した夫を憂う)
  80. 君子陽陽(愛しき人との時間/適所に用いられぬ士大夫)
  81. 揚之水(引用1:守備兵たちの怨嗟)
  82. 中谷有蓷(夫との別れを嘆く/国の乱れを批判)
  83. 兔爰(引用1:ひきこもりのうた/衰乱の世を儚む)
  84. 葛藟(嫁入り後の孤独/家族離散の悲哀)
  85. 采葛(離れ離れの恋人/讒言を恐れる家臣)
  86. 大車(引用2:貞淑なる女性/淫奔を批判)
  87. 丘中有麻(収穫の喜び/失われた賢人を嘆く)
  88. ◎崔浩コラム⑥ 「詩経」とかウソつくな
  89. 鄭風(ていふう)
  90. 緇衣(引用2:夫の出仕を誇る/君主を誇る)
  91. 將仲子(引用2:うわさを恐れる/臣下の諫言を嫌う)
  92. 叔于田(イケメンカッコイイ/阿諛追従の詩)
  93. 大叔于田(豪勢な狩りの様子/奔放な弟)
  94. 清人(ふらふらするだけの軍隊/愚かな人事)
  95. 羔裘(引用2:立派な士大夫の姿/昔はよかった)
  96. 遵大路(引用2:去る恋人にすがる/去る君子にすがる)
  97. 女曰雞鳴(夫を励ます妻/昔はよかった)
  98. 有女同車(迎えた嫁の美しさ/嫁取りは外交)
  99. 山有扶蘇(引用1:イケメンは遠し/美学に殉ずるはクソ)
  100. 蘀兮(滅びゆく悲哀/臣下を従えられぬ主)
  101. 狡童(ずるいあの人/こざかしい幼主を憂う)
  102. 褰裳(引用8:想いを誘う女/救いを求める民)
  103. 丰(意地っ張りへの後悔/婚礼の儀の乱れ)
  104. 東門之墠(近くて遠き恋人/婚礼の乱れ)
  105. 風雨(引用2:立派な君子)
  106. 子衿(引用4:お見限りのあなた/学の衰えを嘆く)
  107. 揚之水(没落兄弟の孤独/頼れる臣下なし)
  108. 出其東門(イケメンは質素な子が好き/夫を喪った妻)
  109. 野有蔓草(引用7:美人を求める/伴侶に出会えぬ若者)
  110. 溱洧(朗らかなデート/男女倫理の乱れ)
  111. ◎崔浩コラム⑦ 孔センセーさぁ……
  112. 斉風(せいふう)
  113. 雞鳴(夫を起こす妻/暗君を叱咤激励する賢妻)
  114. 還(称えあう狩人/政務を放り出す領主)
  115. 著(デート相手は素敵/婚礼の儀を守らぬ男)
  116. 東方之日(しゅけべ/セーフーゾクの乱れ)
  117. 東方未明(無茶苦茶な時間の呼び出し)
  118. 南山(嫁に出た子に恋慕/兄妹の乱倫)
  119. 甫田(千里の道も一歩から)
  120. 盧令(堂々たる狩人/古人を讃え、今人を謗る)
  121. 敝笱(斉の姫の不品行と、咎められぬ夫)
  122. 載驅(文姜、兄との逢瀬に向かう)
  123. 猗嗟(立派な貴公子/母を御せぬ子)
  124. 崔浩コラム⑧ わかるはわかってない
  125. 魏風(ぎふう)
  126. 葛屨(引用1:幼児虐待案件/けちんぼ士大夫)
  127. 汾沮洳(野良仕事をする貴公子)
  128. 園有桃(秘めたる憂い/貧しさを嘆く)
  129. 陟岵(引用2:出征した戦士、家族を思う)
  130. 十畝之閒(桑畑でデート/せせこましき地で生きる悲哀)
  131. 伐檀(引用5:君主の怠惰を監視)
  132. 碩鼠(引用1:無駄飯ぐらいを嫌う/厳しい取り立てを嘆く)
  133. 崔浩コラム⑨ 三國志等での引用
  134. 唐風(とうふう)
  135. 蟋蟀(いまを楽しむ/よき政を求める)
  136. 山有樞(楽しんだもん勝ち/主に尽力を求める)
  137. 揚之水(君子を求める/謀叛の芽)
  138. 椒聊(立派な男子/権勢を誇る親族)
  139. 綢繆(引用22:冬場の出会い/婚姻時期の乱れ)
  140. 杕杜(縁なきひとの孤独/縁者を頼れぬ君主)
  141. 羔裘(ブラック労働/国政の無体を嘆く)
  142. 鴇羽(戦乱による飢えの苦しみ)
  143. 無衣(あなたの服が欲しい/主権の承認を求める)
  144. 有杕之杜(あの人を待ち望む/君子の寡徳)
  145. 葛生(引用4:連れ添いの喪失/戦乱を嘆く)
  146. 采苓(人の噂も七十五日/讒言を信じるな)
  147. 崔浩コラム⑩ 毛詩正義を読んでみよう
  148. 秦風(しんふう)
  149. 車鄰(引用1:いまを楽しむ/君主と共に楽しむ)
  150. 駟驖(秦公は勇壮)
  151. 小戎(秦公の出征)
  152. 蒹葭(遠い人を想う/礼に欠ける辺境の公卿)
  153. 終南(君子のお出かけ/アホすんなよ)
  154. 黃鳥(殉死批判)
  155. 晨風(出征した夫を待つ/無益な出征)
  156. 無衣(引用1:いざ、戦に/秦人、戦を好む)
  157. 渭陽(引用7:母方の親族を思う)
  158. 權輿(引用7:待遇の悪化を嘆く)
  159. 崔浩コラム⑪ ダンショーシュギ
  160. 陳風(ちんふう)
  161. 宛丘(風紀の乱れ/怪しき祭)
  162. 東門之枌(引用1:町で遊ぶ男女/男女交際の乱れ)
  163. 衡門(引用8:質素を楽しむ/小国の君を励ます)
  164. 東門之池(可愛いあの子と/ちんこうは淫乱)
  165. 東門之楊(すっぽかし/風俗の乱れ)
  166. 墓門(クソな夫/昏主の暴走)
  167. 防有鵲巢(恋人をたぶらかされる/讒言を信じる君主)
  168. 月出(美しきあなた/政務を擲ち荒淫に)
  169. 株林(淫婦に入れあげる主君)
  170. 澤陂(あの人を想う/風俗の乱れ)
  171. 檜風(かいふう)
  172. 羔裘(政務を顧みない君主)
  173. 素冠(引用6:服喪期間のふしだら)
  174. 隰有萇楚(子らを見守る/政を乱す国君を嘆く)
  175. 匪風(引用1:国の乱れを嘆く)
  176. 曹風(そうふう)
  177. 蜉蝣(引用1:軽佻浮薄批判)
  178. 候人(引用1:小者が握る実権)
  179. 鳲鳩(立派な地方長官/が、いない)
  180. 下泉(引用1:明主の出現を願う)
  181. 豳風(ひんぷう)
  182. 七月(引用2:農業は大変)
  183. 鴟鴞(引用4:絶えず降りかかる苦難)
  184. 東山(引用7:遠征からの帰還/士卒を労う)
  185. 破斧(周公旦、四方を鎮める/鎮められる)
  186. 伐柯(今あるものが大事/周公旦しゅごい)
  187. 九罭(周公旦への慰留要望)
  188. 狼跋(引用2:周公旦は偉大)
  189. 崔浩コラム最終回 謝霊運詩引用
  190. 小雅(しょうが)
  191. 鹿鳴之什(ろくめいのじゅう)
  192. 鹿鳴(引用4:王が催す宴)
  193. 四牡(引用3:任務に就く配下を思う)