不能共

作者 草食った

それは単なる愛憎でなく

  • ★★★ Excellent!!!

BLというジャンルが苦手な人間でもこれは必読です。
もちろん男同士の恋愛でもあり、カウンセリングでもあり、暴力小説でもあり、洗脳の話でもあり、悪女の話でもあり、小気味良い会話劇でもあり、とにかく多層構造です。
とても胸が悪くなる描写が満載なのに読後は爽やかな満足感とともに冒頭から読み直す必然性を感じます。
素晴らしい。星3つでは足りません。傑作だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

神澤芦花(芦花公園)さんの他のおすすめレビュー 486