公爵令嬢に転生して勝ち組だと思ったら、実は魔王の娘で平凡な人生すら危ういんです 〜まおむす〜

作者 汐見 宝

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全201話

更新

  1. プロローグ
  2. 第一章
  3. 1 魔王の落とし子らしくてやばいです①
  4. 2 魔王の落とし子らしくてやばいです②
  5. 3 わたしの出生事情
  6. 4 黒い大狼
  7. 5 お金が必要になりました
  8. 6 初めてのダンジョンはやばいです①
  9. 7 初めてのダンジョンはやばいです②
  10. 8 初めてのダンジョンはやばいです③
  11. 9 初めてのダンジョンはやばいです④
  12. 10 初めてのダンジョンはやばいです⑤
  13. 11 初めてのダンジョンはやばいです⑥
  14. 12 カードゲット!
  15. 13 帰還
  16. 第二章
  17. 14 魔王トーナメント?
  18. 15 家庭教師はやばいです①
  19. 16 家庭教師はやばいです②
  20. 17 屋外授業①
  21. 18 屋外授業②
  22. 19 メイドと吸血鬼と①
  23. 20 メイドと吸血鬼と②
  24. 21 メイドと吸血鬼と③
  25. 22 家庭教師その後
  26. 23 冬のおわり
  27. 第三章
  28. 24 湖畔へピクニック①
  29. 25 湖畔へピクニック②
  30. 26 白いドレスの湖畔の少女①
  31. 27 白いドレスの湖畔の少女②
  32. 28 白いドレスの湖畔の少女③
  33. 29 白いドレスの湖畔の少女④
  34. 30 いっしょに、来る?
  35. 31 夜宴と独白
  36. 第四章
  37. 32 メイドをやるぞがんばるぞ
  38. 33 新入りメイドのご挨拶
  39. 34 かわいいワンちゃん
  40. 35 長い廊下
  41. 36 衝撃
  42. 37 覚悟の人
  43. 38 銀葉祭、夜、邂逅
  44. 39 条件
  45. 40 りんご飴
  46. 41 依頼達成報告
  47. 42 双月の宝玉
  48. 43 遠く、遠くまで
  49. 第五章
  50. 44 将来のお話
  51. 45 ゆったりとした暮らし
  52. 46 『ぬこぬこもふもふ』
  53. 47 後退
  54. 48 わたしを試しなさい
  55. 49 第四の試験(よそうがい)
  56. 50 ウリッシュを乗りこなそう
  57. 51 バウ作戦
  58. 52 宣伝部隊
  59. 53 リンゲン行き、決まりました
  60. 54 リンゲンへの道のり
  61. 55 来た、見た、勝った
  62. 56 入城
  63. 57 遠方より
  64. 58 リンゲン廃砦戦
  65. 59 『目を貸す』
  66. 60 挟撃
  67. 61 凱旋
  68. 62 剣士ノワルの情報
  69. 63 ひとりぼっちの戦い
  70. 第六章
  71. 64 領主補助代行
  72. 65 面接
  73. 66 試し試され
  74. 67 補佐任用
  75. 68 レオンの提言
  76. 69 殖産施策の会議
  77. 70 爆ぜ実の山の火精霊
  78. 71 試行
  79. 72 月夜の再トライ
  80. 73 『星影の女』
  81. 74 追いかけっこ
  82. 75 抵抗
  83. 76 『調律者』
  84. 77 ウドナ河の水路
  85. 78 巨人
  86. 79 精霊共闘
  87. 80 黄昏の楽園の兵士
  88. 81 報告会
  89. 82 褒め殺し
  90. 83 鉱床と水路
  91. 84 また冬が過ぎる
  92. 第七章
  93. 85 初夏、来訪
  94. 86 ロンファーレンス家の密談①
  95. 87 ロンファーレンス家の密談②
  96. 88 ロンファーレンス家の密談③
  97. 89 春の新色の外套は脱いで
  98. 90 翼竜襲来
  99. 91 船中にて①
  100. 92 船中にて②
  101. 93 叙勲の知らせ
  102. 94 王都へ①
  103. 95 王都へ②
  104. 96 王都到着
  105. 97 叙勲式
  106. 98 叙勲式 次の幕
  107. 99 狩り 王都郊外の森にて①
  108. 100 狩り 王都郊外の森にて②
  109. 101 狩り 一本欅の下で①
  110. 102 狩り 一本欅の下で②
  111. 103 狩り 一本欅の下で③
  112. 104 狩り シノンとの出会い①
  113. 105 狩り シノンとの出会い②
  114. 106 贈り物と返礼と
  115. 107 王城夜会 冷たい鞘当て①
  116. 108 王城夜会 冷たい鞘当て②
  117. 109 王城夜会 第二王子と①
  118. 110 王城夜会 第二王子と②
  119. 111 王城夜会 第二王子と③
  120. 112 王城夜会 中央の規則①
  121. 113 王城夜会 中央の規則②
  122. 114 今代の淑女は空を駆ける
  123. 第八章
  124. 115 残された者たちの①
  125. 116 残された者たちの②
  126. 117 残された者たちの③
  127. 118 残された者たちの④
  128. 119 リュミフォンセの決断
  129. 120 幾分か爽やかな朝①
  130. 121 幾分か爽やかな朝②
  131. 122 幾分か爽やかな朝③
  132. 123 お客様のお腹に穴を開けてはいけません
  133. 124 枯れ谷の奥へ①
  134. 125 枯れ谷の奥へ②
  135. 126 なんか泣きそう
  136. 127 密かな期待
  137. 128 『気をつけろ。来る』
  138. 129 撤退行①
  139. 130 撤退行②
  140. 131 その致命の刃が届く刹那に
  141. 第九章
  142. 132 白昼夢
  143. 133 再戦のはじまり
  144. 134 箱庭の戦い①
  145. 135 箱庭の戦い②
  146. 136 天つ神①
  147. 137 天つ神②
  148. 138 立ちはだかる壁
  149. 139 再会と説得①
  150. 140 再会と説得②
  151. 141 零れ出る秘密①
  152. 142 零れ出る秘密②
  153. 142 零れ出る秘密②
  154. 143 貴女に期待している
  155. 144 水の華での作戦会議①
  156. 145 水の華での作戦会議②
  157. 146 求婚(3回目)
  158. 147 彼から見える彼女
  159. 148 好機①
  160. 149 好機②
  161. 150 虹色の花火
  162. 151 夜啼鳥の声が聞こえる未明
  163. 第十章
  164. 152 屋根上での会話
  165. 153 魔法戦、そのとなりで
  166. 154 『親子ゲンカ』
  167. 155 純粋すぎるから
  168. 156 ヴィエナへ①
  169. 157 ヴィエナへ②
  170. 158 ヴィエナへ③
  171. 159 報告会①
  172. 160 報告会②
  173. 161 報告会③
  174. 162 異変
  175. 163 突如現れた杜
  176. 164 精霊クローディア
  177. 165 地元の英雄の帰還
  178. 第十一章
  179. 166 時間は飛び去る矢のように過ぎる
  180. 167 手紙で届く報告書
  181. 168 彼女を変えたもの
  182. 169 【挿話】名付けの蒼花①
  183. 170 【挿話】名付けの蒼花②
  184. 171 【挿話】名付けの蒼花③
  185. 172 北の婚礼
  186. 173 バンケット①
  187. 174 バンケット②
  188. 175 バンケット③
  189. 176 リンゲンの新規事業
  190. 177 農商問答
  191. 178 交渉合意
  192. 179 ご学友たち
  193. 180 ええ、思いっきりよ
  194. 181 花嫁方の勝ちで御座います
  195. 182 粟立つ腕を擦ってなだめ、そして顔をまっすぐにあげる
  196. 第十二章
  197. 183 並び立つ王子
  198. 184 だ・れ・の・せ・い・よ!
  199. 185 厄介な客人
  200. 186 小さな祝宴
  201. 187 面接者は歌う
  202. 188 蠢動
  203. 189 醜聞
  204. 190 謀略
  205. 191 リュミフォンセの返答
  206. 192 恋愛の象徴
  207. 193 お籠もりのあと
  208. 194 告白
  209. 195 鈍感系からの脱却
  210. 196 早業
  211. 197 濃縮された一瞬
  212. 198 ぷしゅー。
  213. 199 『本物の』