ぼっちの俺が告白を断ろうとしたら、クラス委員長の彼女は電車に飛び込もうとしたんだが。

作者 青見銀縁

まるで三島文学を読んでいるような秀作!

  • ★★★ Excellent!!!

これほど、興味を引き付けられた作品は無いです!
それだけに、もし可能なら......最終話は命を取り留めたことで、なんとか続編がでないかな~と思いました!これほどの名作は、もっと注目されるべきだと思います。姉妹の微妙な関係性、義理の妹、三崎との関係性が複雑に交差していく。主人公に対するそれぞれの登場人物にどんな化学変化が生じるのでしょうか?気になって仕方ないです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ITSUMONOさんの他のおすすめレビュー 1,104