楽しい源氏物語

作者 有間 洋

プレイボーイの自由と妥協の物語解説

  • ★★★ Excellent!!!

私は源氏物語を「プレイボーイの自由と妥協の物語」と捉えている。
むかし、源氏への嫉妬で狂い死んだ挙句、源氏の妻を呪い殺した人妻を授業で習ってから、ずっと心に残っていた。
「口惜しい」を「悔しい」と読むことも同時にこの時学んだ。
さて、この作品ではそんな源氏物語を楽しく、わかりやすく解説している。
特に平安時代の通い婚やエッチの感想を送らないといけなかった、という当時の常識など、面白いことをたくさん教わった。
同時に、この源氏物語がプレイボーイ、光源氏の妥協と自由を描いた物語であることも知った。
源氏をめぐって争う女たちの物語は、現代でもみていて面白いものがある。
現代語訳版は与謝野晶子によるものが青空文庫にあるので、一読してはいかがだろうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夏山茂樹さんの他のおすすめレビュー 100