王女シェークリーテの結婚

作者 真木ハヌイ

105

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タグには女性向けとありますが、男性でも読めると思います。
ざっくりと言うと、ちょっとわがままなお姫様が、竜と出会い、若者に助けられ、猫から励まされ、大切なものが何であったかに気づくという、童話における王道展開が紡がれる、というお話です。
文章も小気味よく読み進められますので、ふと、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

★★★ Excellent!!!

ある国にシェークリーテという大変美しいお姫様がいました。
「むかし、むかし……」と言う風に、物語を語る上では欠かせないある種原点ともいえる童話のような始まり。

シェークリーテ姫はとある理由からお城を脱走します。
性格は、お転婆で我儘。
そんなとき、姫はとある生物と出会うのでした。
それは、竜でした。

会話のできる竜とシェークリーテ姫。
その出会いが大きく運命を変えるのでした。
童話のような物語、昔話テイスト好きには堪らない物語になっています!
衝撃な結末もまた凄くて……。
ぜひ、ご覧あれ!!

★★★ Excellent!!!

お転婆で我儘な御姫様と黄金の竜、そして変身する魔法使い。
このお話に登場するキャラクター達はいつかどこかのおとぎ話で見たような者ばかりです。しかしその中身は古典的どころかとても現代風で不思議なリアリティーにあふれたものでした。

有り触れたようでいて、二転三転し先を読ませないストーリー。
結婚を嫌がる我儘な姫が愛する者を見出し変わっていく過程。
それらがとても丁寧に描かれており、最初から最後まで楽しく読むことが出来ました。

タイトルにある王女の結婚相手は誰なのか?
物語はどのような結末を迎えるのか?
揺れ動く乙女心と変幻自在な物語を楽しみたい貴方へ、おススメです!

★★★ Excellent!!!

まさに良作です。
童話をイメージして執筆されたのではないかと思いますが、実際にこの話が絵本として並んでいても全く不思議ではありません。

序盤は我がままな王女に腹立たしさを覚えますが、それこそ物語を面白くする要素なんですね。徹頭徹尾考え抜かれた素晴らしい作品です。
是非、ご一読を。