黒血の魔物

作者 グオティラス

記憶喪失の少女を育てた義父の正体はとんでもない生き物だった

  • ★★★ Excellent!!!

楓は記憶喪失であり、ある日泰明という人間に拾われて義理の親子となる。以降はずっと実の親子のように過ごしてきたが、そんな日々はすぐに消えてしまう。
やがて、楓は義父の秘密と正体を知ることになり、戦いへと巻き込まれていく。
楓と泰明の関係がとてもよくでている作品です、途中から本当に実の親子だと感じて読んでしまいました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

うすださんの他のおすすめレビュー 261