あなたのことは一度だってお父さんだと思ったことなんてない

作者 京衛武百十

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全126話

更新

  1. 獣人と狩人
  2. 死の境界
  3. 命の営みの匂い
  4. 食事
  5. 食の楽しみ
  6. 獣の一匹
  7. 余談
  8. 犬小屋
  9. もう二度と自分の
  10. 人と人の出逢い
  11. 泣く
  12. 普通の人間なら
  13. イティラ
  14. まるで違う
  15. 生きるも死ぬも
  16. これ以上は……
  17. そう考え始めると
  18. もっと幸せになるべきなんじゃないのか?
  19. 認識のズレ
  20. 大丈夫
  21. 人間の暮らし
  22. キトゥハ
  23. 臆病な卑怯者
  24. お前以外の誰が
  25. 普段の振る舞い
  26. 俺には分からないんだ……
  27. 大人にとって都合のいい子供
  28. その事実を認める
  29. 寝顔
  30. 君になら
  31. イティラの<想い>
  32. ドムグ
  33. 憎悪の臭い
  34. 命を賭して戦う気概
  35. 薄氷
  36. 挑発
  37. センス
  38. 狂乱
  39. 本当の望み
  40. やっぱり子供だからかなあ……
  41. キトゥハの<教え>
  42. <答>は一つではない
  43. 私はまだまだだなあ……
  44. ゆっくり休め……
  45. 私、死んじゃうのかな……
  46. 正直なところ
  47. 大好きだよ♡
  48. 知性と理性を持つものとして
  49. 嫌な音
  50. おとなしく自分の命を
  51. 身の程をわきまえれば
  52. 年頃
  53. 子供のように声を上げて
  54. 碌でもないただの人間
  55. ちゃんと言葉にして伝えないと
  56. 心持つ者としての<器>
  57. 結果として
  58. プレゼンテーション
  59. 半端者か
  60. 美麗
  61. 今こそ我ら獣人は
  62. 従う理由など
  63. 驚嘆
  64. はったり
  65. 共に生きる者
  66. お似合い
  67. 認識の更新
  68. 何がおかしいと
  69. 生きるために必死
  70. 狩人としての成長
  71. 孤狼
  72. 生きるために戦う
  73. 欲しい言葉
  74. 熱意の空回り
  75. 符丁
  76. エゴ
  77. 野生に生きる者同士の
  78. ボスの器
  79. 俺を信じろ!
  80. その隙を
  81. 本当にとんでもない
  82. 謝意
  83. 成人認定
  84. 意気揚々
  85. いい加減、私から
  86. 私は、ウルイの子が
  87. 違和感
  88. 誰ですか
  89. 迎え
  90. 一抹の寂しさ
  91. ちゃんと話すべき
  92. 詮無い話
  93. あまりにもタイミングが
  94. 最後の役目
  95. ウルイは悔しくないの!?
  96. 思いがけぬ形
  97. 単純な善悪だけで
  98. あの時の怒りが
  99. 人間の軍隊
  100. 静かな<戦い>
  101. とんでもないのがいる
  102. もしかしたら割と
  103. 悪い奴じゃないんだ
  104. 総動員
  105. 最大限の敬意
  106. こいつを止めなきゃ
  107. 死を伴う傍迷惑
  108. 確固とした認識
  109. 確実に生き延びられる可能性
  110. カシィフス
  111. 死を回避するには
  112. 無限とも思える
  113. 最後まで一緒だ
  114. 開花
  115. 命を奪うもの
  116. 肉の塊
  117. 生きるために足掻く
  118. 一方的に始末されるわけには
  119. 今は黙って従え……!
  120. 騎士の名に懸けて
  121. 極刑よりも残酷な仕打ち
  122. 引き継ぐ者
  123. あなたのことは一度だってお父さんだと思ったことなんてない