ティーンズ・イン・ザ・ボックス

作者 矢向 亜紀

一気読み推奨! 

  • ★★★ Excellent!!!

小説はテキストで書かれるので、作者がどういう文で織って物語を紡ぐかによって見え方が大きく異なる。それは物語自体の違いもあるかもしれないが、文の書き方によるところも大きいと思う。

そういう意味でこの作品は文が良かった。過度に情熱的ではないのが特に。

物語はメイン2人の会話に焦点をあてられていて、その会話の雰囲気を崩さないように地の文が考えられているように見えた。

そしてティーンズ2人の会話という異常度の低い内容がメインなので、物語の盛り上がりの波は控えめになっている印象。この物語は私だったらもう少しドマラチックに書くが、それではこの物語の良さを表現できなさそうだな、と思った。

ただし、波が少ない分、この物語は途中で読み終えると次が気になる、というタイプの話ではないので、ぜひ一気見をお勧めしたい。

本1冊弱、その結末まで通しで見た時に「こういう語りで進んできたから、話全体として綺麗にまとめられたのか。ああ、良い話だった」という感覚をきっと味わえるのではないか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

戸﨑享さんの他のおすすめレビュー 78