第15話(3-3) OKもう一度だ。

 可愛らしい女の子の、一時の気の迷いということはよくあるものだ。

 そういうときは、頭を冷やしてやるに限る。

 俺はそこらを一周して、女の子を送り出すことにした。我ながらいいことをした。

 さて、次はどこに行こうか。


 静かな月夜の海岸、サイドカーに乗せてやって一緒に走る。頭は冷えてくれるだろうか。

 瞬間視線をやれば、真っ直ぐの、疑いない瞳が俺を見つめている。

 過去の同型機のデータが俺の中にも生きている。生身だった頃からのそれが、ずっと。

 いくつものそんな瞳が、俺を見つめていた。

「懐かしい感じだね」

「何がですか!」

 俺は昔話をしようとした。昔、昔、大昔……。

「まあ、色々あったのさ」

 俺の記憶は薄れない。人間と違うんだから当然だ。もう、とっくに死んでしまった、いくつもいくつもの娘たちが、俺を呼んでいるのを感じる。

 だから、話を誤魔化した。

 簡単に口にできるような話じゃなかった。

 女の子を校門前で下ろし、俺はサイドカーに背を預けて目を瞑った。


 沢山の俺が、俺に声を掛けている。

――この娘を守るのは、俺でいいのか。

――悪魔と言われようと戦うだけだ。

――生身かそうでないかなんて、俺には関係ない。

――俺の事はパパと呼べ。

――今すぐ宇宙へ、戻るんだ。戻るんだ、なんとしても。


 サイドカーの影から沢山の腕が伸びてきて、俺を引っ張り始めた。

「ああ、分かっているさ」

 俺は呟いて、昔いた娘が教えてくれた魔法術式を書き上げた。手の中にブラスターが出現する。

 直後に血を吐いたことを思い出す。腹に穴を開けられ、父と嘘をついていた娘に泣かれたことを思い出した。

――君は死なないよ。君は永遠に、娘を守るんだ……

 あれは、呪いだったのか、なんなのか。

 いや、どうでもいいか。


 俺はサイドカーを走らせた。頭の冷えた女の子の幸せを心から願った。

 俺に本当に心があるのかは自信はなかったが、それでも。


 OKもう一度だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

量産されたおっさん。あるいはカスタムお父さん 芝村裕吏 @sivamura

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ