オガワの日記

作者 谷野 真大郎

こいつらのクラスメートになりたい人生だった

  • ★★★ Excellent!!!

かつての人気作品がパワーアップして戻ってきた!
あんまり陳腐な言葉は使いたくないけど、そう言わざるを得ない作品です。
最強だった百合小説が、作者さんが時間を掛けてブラッシュアップしてさらに強くなってます。

縁あって私はリメイクされたバージョンを先に読ませて頂いておりますが、安心してオススメできる百合です。
前作が悪かったということは決してありませんが、明らかに良くなっています。
当時だって「ここが分かりにくかった」なんて微塵も思わなかったのに、不思議なもんです。

日記には書かれていませんが、オガワは絶対にノートの片隅にオオタキの名前を書いてニヤニヤしてますし、LOVE過ぎてそのページを破って食べてます。
これも書かれていませんが、オオタキのことを想いすぎて気付けば教室を通り過ぎてねりねり歩いてると断言できます。

こいつ何言ってんだって思うでしょう。
だけど読んだら「これはノート食べながら廊下ねりねり歩いてるわ」ってなるはずです。
信じられませんか? じゃあ読みましょう。
まだ投稿途中で短いので5秒くらいで読み終わるはずです。
そして続きが気になって、あなたもねりねりと家の前を通り過ぎることになるはずです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

nnsさんの他のおすすめレビュー 12