夢見るからくり人形

作者 水本照

106

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

SF作品ということで、冒頭はやはり不思議な世界観で読者をワクワクさせる……というより、どうなるんだろう?と、夢のような世界観で読者を魅了していきます。

この作品の凄いところは、描写の表現がまさに匠です。
正直、同じ作家活動をしている身としては、嫉妬するレベルでした(滅茶苦茶褒めてます!!)

読みやすさや面白いのはもちろんなのですが、ちょっと変わった作品を読みたいと思う人にとってもおすすめしたいですね。
ハマる人には、相当癖になる作品なのではないでしょうか!

エンディングに疑問を覚える人もいるかもしれませんが、この作品だからこそこのエンディングでいいかもと思えてしまう説得力があるなって感じました!
実は、二回見てそう思った作品なので、人によって感想は分かれるかもしれませんが、ああ、どう表現したらいいかわからない語彙力のなさに自分が恥ずかしい////

「夢」を語る作品です!
ぜひご覧ください!!

★★ Very Good!!

 はだしで草原を歩くようなものか。いつ尖った小石でも踏んで足をケガするか分からない。しかし、スムーズに歩き続ける内には気分が良い。
 主人公の周到さは本作の一番の読みどころである。読者は、知らず知らずの内に作者の用意した『庭園』を歩き回っていたと悟るだろう。
 詳細本作。

★★★ Excellent!!!

誰も傷つけないように優しく在りなさいと作られたアンドロイドが守りたかったもの。
彼女にとっての最適解。
アンドロイドとして定められた枠の中でしか行動できない彼女が選んだ選択とは。

そのまま読んで楽しむも良し、隠された伏線を探しても良しの面白い短編小説です。ぜひどうぞ

★★★ Excellent!!!

アシモフのロボット三原則を扱った作品は多いですが、この作品は掌編のボリュームで見事に三原則を昇華させています。
優しさと夢、優しい夢。似て非なる夢の形。
ハッピーエンドでもバッドエンドでもない……あなたはどう感じるでしょうか。
強くお勧めする掌編です。

★★★ Excellent!!!

物語最初は、アンドロイドがいるものの、幸せそうな一家の風景。
かと思えば、作品の通り誰かの「夢」であるようで、次のシーンでは、先程の「夢」のシーンに似ているものの、全く違った物語が展開されていきます。

作品タイトルにもある通り、読んでいると早い段階で「ああこれはアンドロイドの夢なんだな」と思いますが、終盤ではまさに夢から醒めたかのように、展開が一変します。
終盤の加速具合や、人を傷つけないはずのアンドロイド・ニナの理屈が好きです。

この物語は、父と娘の苦悩や理想と、二人の幸せを願うアンドロイドのお話です。
二人と二人の幸せを守るための行動は、アンドロイドにとっては何であれ正義なのです。

素敵なお話をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

それぞれの立ち位置で、幸せが違う。
それは人間の場合も、ロボットの場合も。
相手が幸せになるだろうと思って、無理強いするのは歪んだ世界。

一気に読んで、一晩真剣に考える。
そのための手引き書としてどうぞ👍

あ!落ち込んでいる時には、絶対に読まないで下さいね🙏
(個人的な意見です。気を悪くしたらゴメンなさい)