神の悪意の物語

作者 王立魔法学院書記官

色鮮やかな異世界の冒険

  • ★★★ Excellent!!!

最初はスローだけど、途中から段々スピードアップしてきて、いつの間にか読み進めてしまいます。特に第2章から語られる、鮮やかな色に溢れたアルバテッラの世界と創世の神話が面白い。世界を彩る人びと。それぞれが大事な世界の一部であるという考え方は、最近の多様性を尊重するという考え方に通じる気がしました。「神の悪意」が何か、まだはっきりとは語られていないけど、単純な善悪ではないのかな?続きが気になります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

神の善意の石と悪意の石が主軸となった物語。主人公のマルコは神の善意の石グリーによって、魔術師アルに召喚されこの世界に来ます。この世界には神の悪意の石、マリスも存在し、それが世界に様々な悪影響を及ぼし… 続きを読む