若き感性、その完成に期待

 一言を書き連ねていくという形式であるが、何とも面白いと思う。
 作者の若さ、年をとってしまった者が見失ってしまったまぶしい者、それが文章の一言から漏れ出しているようだ。
 すっと読める、そんな強みを持っていると感じさせられる。

その他のおすすめレビュー

文屋旅人さんの他のおすすめレビュー27