恋に未熟な少女と青年をあたたかい筆致でつづる物語

恋愛経験のなかった女子高生が気になるのは、新任の美術教師。一方の先生も、恋愛偏差値は高くなさそうで。
ぎこちなくも、一歩ずつ進む二人の様子が微笑ましいです。
教師と生徒という関係、それにほかにも障害はありそうですが、見守りたくなるふたりの物語です。

その他のおすすめレビュー

久里 琳さんの他のおすすめレビュー821