スーパーカブ7

作者 トネ コーケン

人としての成長物語として感情移入して読む事ができる作品。好きなジャンル

  • Good!

始まってから暫くしてから感じた事だが、よくもまあこんな濃い人間が集まるものだと感心しきり。
まあ子熊の環境がかなり特殊な事も有るだろうけど。
それだけに物語の中身はどんどん特濃になっていくのだろうと納得。
ただ本編の中で危機的状況になぜセッケンの面々が間に合ったのか理由がとても気になった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー