空色ペンギンと僕の夏

作者 夏生

28

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ペンギン。
テレビ画面の中に列を成して、よちよち歩いている。
白黒のツートン。
手ともヒレともとれるものを一対揺らして、同じ動きをする社会的動物のように順番に氷の大地から飛び込む姿が―――すぐ目の前に落ちていたら、どうします?


朝早かったら、無視して会社に向かう。
夜に出会ったらたぶん怖い。
休みの日だったら警察に連絡してやるくらいはするかも。
ゴミの日の朝はカラスがつついていそう。

でも売れない画家は、拾って持ち帰りました。

画家とペンギンの共同生活はどこか夢のようで、現実と童話の不確かな狭間にあって、微笑ましくも不思議な空気を持っています。
どこまでが本当で、どこまでが夢なのか?
こんな世界があったら楽しいだろうなあって、にやっとさせてくれる物語です。


ラストの微笑ましい展開にもご期待あれ。



いやあ、今日も素敵な物語に出会ってしまったなー


★★★ Excellent!!!

当てにならない星の数に項垂れて、彷徨っていたらこの作品が落ちていた。
なんとなく読み進めていると、いつの間にか引き込まれ最後まで読み切っていた。

読み終わった後、心が温かくなり、やる気スイッチが入った気がする。
まだ埋もれているだろう出会いを求めて、サルベージに励むとしよう。

そんな訳で、Web短編賞2019、勝手に推し作品その3です。
読んでって!

★★★ Excellent!!!

主人公が拾ったペンギンは明らかに普通でない。食べたものはシロップをかけたかき氷(大量)やらステーキやら。

怪しみながらも、鮮やかな夏の空気のなかで親しみは育っていきます。うっすらと浮かび上がるペンギンの正体を感じながらも、このまま日常が続いてほしいと思ってしまいました。

ふくらんでいく夏の暮らしがはじけるとき、物語は区切りを迎えます。寂しさはありつつも、爽やかな読後感。おすすめです。