何でも解決するマンの苦悩

作者 南雲 皋

これはラブコメの教科書

  • ★★★ Excellent!!!

 結論からいう。これは、ラブコメの教科書だ。

 女の子とイチャイチャしたり、モテたいという野望は大概の男なら持ち合わせていると思われる。この作品は、コンパクトにまとめながらも、私達の欲望を満たしてくれる。

 王道を行くラブコメ。とりわけ好ましいシチュエーションの一つとしては、苦労人の主人公を、お嬢様のヒロインが好きになることだろう。まさにこの作品だ。

 ヒロインの悩み。勘のいい読者であれば、序盤で気づくかも知れない。ヒロインの悩みに主人公がいつ気づくのか、ニヤニヤしながら読むのは最高の楽しみ方だと思う。
 そして、ヒロインが外堀を埋めながら、二人がくっつく一つの結論まで持っていく流れはお見事としか言いようがない。軽めの文体で、読後感も素晴らしかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

鷹仁(たかひとし)さんの他のおすすめレビュー 49