勇者ちゃんの新婚生活 ~勇者様が帰らない 第2部~

作者 南木

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 麵麭へのコメント

    あまり褒められた経験がないって言の葉は思った以上に悲しく心に響きました。

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様
    子供のうちに褒められる経験が少ないと、ほとんどの場合大人になってからもいろいろとつらいと思います。

    2020年1月25日 20:27

  • へのコメント

    いいわ村長……私がよそるから。
    →よそう、かな?

    「はふぅ……ツィーテン姉さんの手紙に書いてあった通り、本当にほっぺたが落ちそうなくらい、おいしいです~……。兄さんや姉さんたちにも食べさせてあげたいなぁ」
    「はふぅ……ツィーテン姉さんの手紙に書いてあった通り、本当にほっぺたが落ちそうなくらい、おいしいです~……」
    →同じような文章が。コピペミス?

    本来想像しにくい異世界食ですが、十分な飯テロで満足です

    作者からの返信

    クロン様! 毎回ご指摘ありがとうございます!
    「よそう」と「よそる」、どちらも日本語としてはあるみたいですが、「よそる」はどちらかといえば方言に近いようです。私の出身県は「よそる」派でしたが、「よそう」に統一していこうと思います。

    ちなみに、今回の鍋はちゃんこ鍋をモデルにしています。醤油やみそがない場合、どんな味付けにすればおいしく食べられるのか…………試行錯誤は尽きません。

    2020年1月17日 09:15

  • へのコメント

    そう言えば、ここ数年鍋なんか作っていなかったから懐かしいです。
    あんなことやそんなこと。
    食糧調達ですかね、永遠の10歳児なので分かりません←

    作者からの返信

    どもです、ビト様!
    正直なところ、私も鍋はもっぱらお店とかで食べるばかりで、自分ではあまり作らないですね。具材が余るとめんどくさいので。

    あんなことやそんなこと? 体を動かすこと……スポーツかなにかじゃないですかね(すっとぼけ)

    2020年1月17日 09:11

  • 野外へのコメント

    隙あらば以下略。
    あー、暑い暑い。ややっ!? 暑さで森林が燃えている!?( ゚д゚)

    作者からの返信

    多分そのうち調子に乗って、もっと大胆なことをする可能性も、無きにしも非ず。
    後世の言い伝えによれば、森が紅葉するのは、勇者さんと村長さんのイチャイチャを見て赤面しているからで、この地方の冬が温かいのも、この二人が(以下略)

    2020年1月13日 08:01

  • 野外へのコメント

    初々しいながらも実力の片りんを見せ始めているフィリルを見て、
    →片鱗、ですかね。
    その冒険、(意味深)が付きませんかねぇ?

    作者からの返信

    どもです、クロン様!
    まずは誤字の指摘ありがとうございます。毎回助かっております!

    あえて危険を冒す……しかしそれは命の危険とは限らないのです。まあ、バレたところでニヤニヤされるだけですが……

    2020年1月13日 07:57

  • 野外へのコメント

    冒険とはすなわち、あえて危険を冒すという事。
    なんだか凄く胸に突き刺さりました。

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    冒険者って聞くと結構かっこいいですが、実際は定職に就いて平和に過ごすのが一番ですよね。
    リーズもアーシェラも、できれば自分の子供たちには冒険者の真似事はさせたくないでしょう。

    2020年1月11日 22:41

  • 晩秋へのコメント

    晩秋なのに暑いですね。
    いやー、暑いですねー。
    意外と背中が広い村長殿、戦闘向きじゃないだけで、決して貧弱というわけではなさそうですね( ˘ω˘ )

    作者からの返信

    暖炉「私の立つ瀬がないんすけど…」
    この世界の地球は温暖化していませんが、家の中は十分温暖化しているようです。
    いやー、暑い暑い。
    結婚前もリーズは寝るときにアーシェラの背中に抱き着いていたので、本能的に安心するようです。アーシェラはお母さん兼お父さん兼旦那様。リーズにとってはとてもお徳用なのです。

    2020年1月7日 09:19

  • 仮面の王子へのコメント

    自分で世界の王になるという言葉を言って実現した人見たこと無いです。
    彼も、というか王国駄目そう

    作者からの返信

    新キャラ第三王子もいろいろとこじらせているようです。
    せめて海賊王辺りで我慢してほしいところ。

    2020年1月5日 23:25

  • 第三の男へのコメント

    あまりにもインパクトが大きかった今回の公開花嫁強奪婚礼は、後世において代表的な悲劇オペラの題材にまでなったという。
    →あれ・・・?これある意味社会貢献?w

    作者からの返信

    どもです、クロン様
    第二王子の数少ない社会貢献? 後世の人は色々楽しめると思いますが、現実に被害を被ったマトゥシュたちはたまったものじゃないですね…………

    2020年1月5日 23:23

  • 仮面の王子へのコメント

    こういう、裏表を使い分ける王族キャラ、定番ですよねぇ。
    野心家であるところも、実にわかりやすい。
    残念王子や残念公子みたいなベクトルにならずに、大物を貫けるか。

    作者からの返信

    残念コンビはわかりやすい敵として作ったので、結果としてあんなのになりましたが、やはり敵キャラはそれにありに骨があるやつの方がいいですよね。
    今年は魅力的な敵キャラを作ることを目標にしたいところ。

    2020年1月1日 20:33

  • 仮面の王子へのコメント

    ですよねぇー……
    ただ、まともに計略を働かせる相手が出てきたのは謎の安心感があります。

    作者からの返信

    どもです。
    今までの相手が相手だけに、王国はおバカの巣窟と思われていたようです。
    新キャラによる汚名返上はなるか?

    2019年12月31日 22:43

  • 傍若無人へのコメント

    ひゅー、相変わらずの、この権力を傘に来た横暴っぷりよ( ゚д゚)
    ここは一つ、黒騎士殿を呼んでこなければなりませんな。

    作者からの返信

    これぞ第二王子殿下クオリティ!
    家臣の花嫁を奪いに来るとか、よっぽど暇なようで。
    エノーは今どこにいるのやら

    2019年12月29日 07:55

  • 驚愕の婚礼へのコメント

    Σセザール王子はセザール姫だったっ!?
    一瞬、結婚相手がセザールなのかと思ってしまいました←
    疲れてるのかな⋯⋯

    作者からの返信

    そ の 発 想 は な か っ た (大爆笑)

    いや、これはもう責任取ってグラントとの婚礼、ヤるしかねぇか!

    グラント「さらっと私を巻き込まないでくれ」

    2019年12月26日 19:45

  • 驚愕の婚礼へのコメント

    生き残ってたのか、残念公子に並ぶ残念っぷりの残念王子め( ゚д゚)
    今、残念って3回言ったのはともかく(4回目)

    これまた、不穏オブ不穏の状況にワクワクしてきますね。

    作者からの返信

    さあ、いよいよ恒例のドロドロ王国劇の開幕です。
    残念公子様がメンタルに大けがを負っている間、本編では場面外で切られるだけだった王子様の活躍にぜひご期待ください!

    2019年12月26日 19:43

  • 笑顔へのコメント

    えと……企画として読むのは、
    ここまでですね。面白かったですね。
    続きは企画が終了してから、
    読ませてもらおうと思ってますね。

    最後なので、批評をまとめさせて
    もらいますね。

    ●良かったところ
    描写が丁寧で、人物や背景などが
    すんなりと想像できました。
    とくに……料理が美味しそうでした。

    文章のルールを知ってそうですし。

    気になったところはないですね。

    こちらこそ、色々と勉強させて
    いただき、ありがとうございます。

    企画のほうにも参加していただき、
    ありがとうございます。
    それでは、失礼しました。

    誤字があったので、訂正しました。

    作者からの返信

    ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
    批評という事で、結構ボロクソ言われるかなと身構えていましたが、褒めてもらえました!
    やったぜ。

    料理描写も、私がこっそりと力を入れていた部分なので、評価されたことをうれしく思います。
    またお時間がある際に、思い出したら読んでいただけると幸いです♪

    2019年12月24日 20:35

  • 空腹へのコメント

    今回は、誤字報告のみ……ですかね。

    まるでウサギのような軽やか
    『 』ものだった。

    多分、『な』が抜けているかと。

    それでは、次の話で会いましょう。

    作者からの返信

    続いて誤字報告ありがとうございます。
    何回か見直しをして、読者の方にも指摘していただいているのですが、まだ結構抜けてるところが残っていましたね。
    気を付けなければっ!

    2019年12月24日 20:25

  • プロローグ:始まりとともにへのコメント

    自主企画『私に読んでほしい方々』
    の主催者。白衣 雲です。

    しばらく、うるさいですが……
    ご容赦ください。

    さて、批評させてもらいますね。

    ●良かったところ
    描写が丁寧ですね。
    アーシェラくんとリーズさんの
    あまあまな感じが、よく伝わった
    ように思いますね。

    それと、文章のルールを知ってそう
    ですね。私は詳しくないので、
    えらそうなことは言えないですね。

    ●気になったところ
    というか、誤字報告……ですかね。

    ゆっくりと丁寧に撫でていくと、
    『まで』寝ている……

    『まで』は、いらないかと。

    それでは、次の話で会いましょう。

    作者からの返信

    どもです、白衣 雲様!
    この度は拙作に目を通していただき、ありがとうございました!

    まず、誤字報告ありがとうございます。
    「まで」じゃなく「まだ」でしたね……よくぞ見つけてくださいました。

    そして、甘い夫婦生活の様子がよく伝わったようで、とても嬉しく思います。なんだかんだ言って、この夫婦生活の様子が作品の柱なので、ちょっと自信が持てるようになりました!

    2019年12月24日 20:23

  • 拠所へのコメント

    魔王を倒して世界を救ったつもりなのに悲しい結果を残してしまった経験から多くのことを学んだみたいです。世界のためにではなくたった一人の愛する人のために力を尽くすなら何でも超えて行けそうです。

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    民主主義国家の大統領とは違い、リーズは自分の意志で勇者になったわけではなく、その上で回りから生き方を決められるというのはとても苦痛でした。
    だからこそ、リーズは最愛の人ただ一人のためだけに力を尽くしたいと思っているんですよね。

    なんだか思考がマフィア見たいですね(笑)

    2019年12月24日 20:14

  • 拠所へのコメント

    ブレずにしっかりとイチャイチャしますねぇ、村長殿と勇者ちゃん( ゚д゚)
    もっとやれ。

    作者からの返信

    この二人……忙しくなる前に全力でいちゃつくとか言い合っていますが、忙しくなってもたぶんいちゃつく頻度は変わらないんじゃないかな?

    2019年12月24日 20:08

  • 決意へのコメント

    村長殿はやると言えば、村人は喜んでついていくと思ってたので、村人達の心意気に改めて嬉しくなりますね。
    それもこれも、村長殿の積んできた徳というやつですな。

    作者からの返信

    阪木洋一様! いつもコメントありがとうございます!
    アーシェラは昔から常に人のためを思って行動するので、後ろで見守ってくれるととても安心感があるようです。
    が、逆にみんなで祭り上げないとお神輿に乗らないという欠点もあるので、村人たちは事あるごとに担ぎ上げようとするわけです(笑)

    2019年12月24日 20:07

  • 決意へのコメント

    今、まともに戦えるのがリーズだけ、という・・・いや、援軍はいるでしょうが。

    作者からの返信

    おそらく村にとって一番最悪なパターンは、王国がなりふり構わず総力を挙げて向かってくることです。
    ただ、王国外諸国を通行しなければならないため、場合によっては全面戦争となるでしょう。
    そんなことにならないように、アーシェラにはいろいろと頑張ってもらいたいところ。

    2019年12月22日 22:22

  • 決意へのコメント

    良い仲間に囲まれて幸せです。良い仲間との関係を作り上げた事に胸を張る時が来ましたね。
    本編から続いていた長い長いプロローグを読み終えた気分です。

    作者からの返信

    ええ、ここからが二人の本当の戦いの幕開けです。
    こうして人材がそろっているのも、リーズとアーシェラがきちんと仲間たちのことを思いやることができたからですね。

    2019年12月22日 10:43

  • 夢 Ⅱへのコメント

    表面上イチャイチャしているだけでなく、心からの愛情がこんな時に出てきますね。
    仲間たちも真剣に二人のことを想うからこそ言の葉が重く感じます。
    幸せのためにどの道を選ぶのかドキドキしてきました。

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    毎度コメントありがとうございます。

    この二人の関係性の魅力は、なんといってもお互いがお互いを守り合い、ともに高め合うことを誓っていることにあると思うんですよ!
    そんな二人の姿を見れば、普通の人は仲を引き裂こうとは思わない…………はずなんですがね

    2019年12月19日 22:12

  • 夢 Ⅱへのコメント

    村長殿も勇者ちゃんも、過去に数えきれないくらい頑張っただけに、次は周囲が支える番となるわけですよね( ˘ω˘ )
    ただ、こういう話が出てきたからには、アマアマな平穏にまた少し悶着がありそうな予感。

    作者からの返信

    どもです、阪木洋一様
    本編だけ見るとイチャイチャしているだけの二人に見えますが、リーズもアーシェラも、周りから一目置かれていることがよくわかります。
    ただ、それが却って面倒の引き金になったり……
    今週末辺りで、悶着の一端を書けるかもしれません。

    2019年12月19日 22:10

  • へのコメント

    シェラが作った村自慢のだもんねっ!
    →自慢の村、ですね。
    確かにそれが夢だったけどここはどうするんだ・・・?続く!

    作者からの返信

    クロン様!
    誤字の指摘ありがとうございました!

    アーシェラは村長の職務と夢をどう折り合いをつけるのか? 次回の話でしっかりやりますよ!
    というか、村人を呼んだのもそのためですからね

    2019年12月18日 20:36

  • へのコメント

    流星群の下で口にした滅びた故郷の復興は壮大な夢ですね。でも悲願なのだと感じます。ここまで村を活気づけた手腕があれば単なる夢では終わらないと感じます。
    一個人では無くなった今、叶えられるのではないでしょうか。

    作者からの返信

    どもです!
    昔のアーシェラではあまりにも遠すぎて現実味のない願いでした。
    しかし、勇者となったリーズがいて、彼を支えてくれる人が大勢いる今ならば、不可能ではないかもしれませんね。
    ここに来てようやく「楽しかったあの日」の伏線が回収できました!

    2019年12月17日 20:48

  • へのコメント

    ハンバーグ ハンバーグ ハンバーグ
    20種類のハンバーグ
    この村の宴会が目に浮かぶようです。読んでいるだけで参加している気分になれました。
    ともあれみんな村の仲間として打ち解けたようです。


    それにしても、ハンバーグ・・・・

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    今回はまさにハンバーグの山! ということで、久々にアーシェラの本領を発揮させてみました!
    ちなみに、作中で出現するハンバーグはすべて実在します。

    2019年12月16日 21:46

  • 名前へのコメント

    『連盟状』に名を連ねる意味。未来永劫仲間として認め合う絆。
    なかなか重みのある署名なのですね。
    ティムは名前に縛られたくないようです。自分の出生を嫌っているのでしょうか。無理に聞き出そうとしない人ばかりでホッとします。
    反対に署名をしない意味。それぞれの想いが形になったお話でした。

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    第一部でいろいろリーズの心を搔き乱した連盟状ですが、名前を書くという行為はこの世界において「自分の魂の一部を分け与える」と考えられていたりします。なので、フルネームの記載はよっぽどのことがない限りやらない文化があるんですよね。
    フルネームを記入したくない理由が一番分かるのはユリシーヌかフリッツ。ティムは彼らと似たような境遇にあります。

    2019年12月12日 08:48

  • 交易へのコメント

    隙あらばイチャつく勇者ちゃんと村長殿、うらやまけしからん。
    もっとやれ、などと言っておきます( ゚д゚)

    作者からの返信

    もはやイチャつくのが日常になりつつあるこの二人。多分本気を出せばこの村が砂糖の海に沈むのでは……

    2019年12月9日 20:15

  • 交易へのコメント

    辺境の地であっても温かな恩で生活が可能だったのですね。それも積み重ねた信頼あるからこそと感じます。
    村側で用意できた魔獣関連品に高値が付くとは今こそ恩返しです。こうやって仲間の絆が深まって行くのは読んでいて気持ちよいです。
    極貧と大金持ちを経験して出した幸せの結論は間違っていないようです。

    作者からの返信

    音無 雪様! いつも感想ありがとうございます!
    情けは人の為ならずと言いますが、お互いに今の自分があるのは親友のおかげだと思っているからこそ、こんな関係が続くのだと思います。

    そしてリーズも、幸せはお金で買うものではないと身にしみてわかっているからこそ、今の生活を楽しめる面もあるのでしょう。

    2019年12月8日 19:37

  • 新入Ⅱへのコメント

    重い過去を背負ったままのティムが登場して波乱があるかと思いましたが、まずは温かく迎えられてホッとします。受け入れる村の方々の前向きで思いやりのある考え方が伝わってきます。重い過去が少しでも軽くなればいいですね。

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    そんなわけで、もう一人の新人ティム君が加わりました。これ、アーシェラがロジオンを全面的に信頼しているから何事もなく受け入れられましたが、そうでなければ厄介払いと受け止められなかった可能性も。
    この後は本人の気持ち次第といったところでしょうか。

    2019年12月6日 19:32

  • 新入へのコメント

    ユリシーヌさんはフィリルちゃんを預けるのに二の足を踏んでいるようですが大丈夫でしょうか。
    ツィーテンさんに似ているだけでいろいろな想いがこみ上げてきそうです。
    そしてもうひとりの新入生は次回ですね。

    作者からの返信

    どもです、 音無 雪様!
    ゆりしーがこの先フィリルをうまく御せるかは……彼女の腕次第と言ったところ。やや苦手意識は持っていますが、根本的な相性はそこまで悪くないはず。
    むしろ、アーシェラとリーズの方がいろいろと躊躇しそうではありますが……

    2019年12月2日 21:17

  • 商人へのコメント

    辺境の地であるこの村で隊商がどれだけ待ち望まれているのか。ワクワクした気持ちで浮き足立っている姿を見るのも良い物です。さらにロジオンが率いているとなればうれしさも倍増です。いつもより華やかなお話になりました。
    同行していたマリヤンは救助隊として活躍していたのですね。裏舞台で活躍していた仲間たちの集結は心の繋がりも含めて展開が楽しみです。
    結婚祝いの品も何があるのか楽しみに待っています。

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    今回はロジオンとマリヤンを中心にスポットライトを当ててみました。この二人は今後の物語の重要な部分を担うので、今のうちにキャラクターを確定しておくことにしました。

    余談ですが、町づくりや村づくりのシミュレーションでは資源の売買をする商人の存在が欠かせません。たまにしか商人が来ないと、そのありがたみが痛いほどよくわかります……

    2019年11月30日 20:39

  • 馬車へのコメント

    軽妙な会話がとても心地よいお話でした。軽い会話なのですが、大きな努力や高い技術を持った方々の会話だと思うと深く感じてしまいます。だからこそ心地よく読ませて頂けたのだと思います。
    新しくメンバーがそろって楽しくなりそうです。とくにリーズちゃんとお話が合いそうな感じです。楽しみですね。

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    今作初の主人公とヒロイン不在回でしたが、楽しんでいただけて何よりです。

    まず、誤字の指摘ありがとうございます! しかも何気に、段落乱れも数か所ありました! 早めに気が付けたのは、音無 雪様のおかげです

    新メンバーは一応第1部にちょろっと出たのですが、元のままだとあまり面白くなさそうなので、かなり性格を変えてみました。
    ゆりしーは今後出番が増える代わりに、厄介ごとを背負う羽目に……

    2019年11月26日 20:14

  • 馬車へのコメント

    それはもう、さぞかし大変でしょうね…………←

    作者からの返信

    古くから「言霊」という概念がありますが、つまりそれは言ったことがフラグになる、ということです。

    2019年11月26日 20:16

  • 敬意へのコメント

    こうやって改めて現状を見ると、一軍メンバーと言われた人たちはどんな人だったのだろうと考えさせられます。少数でも現状を悲しく感じるメンバーが存在することが救いです。
    二軍メンバーに頭を下げる気持ちがあったリーズちゃんは真の勇者だったのでしょう。
    二軍メンバーのみが二人を賞賛し、祝福する気持ち。読んでいるだけでも幸せになります。

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    物語の構成上仕方ないとはいえ、元一軍メンバーたちがただの差別主義者に見えてくる今日この頃……
    まあ、エノーとロザリンデを見ればわかります通り、彼らにも彼らなりの事情があるという事で。
    元二軍たちも、一歩間違えれば同じようなことになっていたと考えると、いかにアーシェラがうまく立ち回ったかがよくわかるものです。

    2019年11月24日 17:13

  • 手紙へのコメント

    「精霊の手紙」ではなくあえて「羊皮紙の手紙」に綴られた言の葉の想い。
    とても温かで想いの強さを感じます。SNSやEメールではなくあえて文を送る意味を改めて考える物語でした。

    ふたりの甘い新婚生活をシェマさんの目を通してみると、リーズちゃんがどれほど愛していたのか伝わってきます。リーズちゃんがどんなに甘えていたのか、どんなに会いたがっていたのか、もう少し時間をかけて聞きたいです。これからの展開がますます楽しみになりました。

    追伸:一度で良いからアーシェラのハンバーグが食べたいな♪

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    毎度コメントありがとうございます!

    要件伝達程度なら早く届く伝達手段でもいいですが、結婚を祝う言葉はできる限り気持ちを込めたいという思いは、今も昔も変わらないものです。

    シェマを含めた二軍メンバーの気持ちは、第二部の物語のカギの一つですので、いずれ時間をかけてゆっくりやっていく予定です。新キャラもバンバン出ますよ!

    追伸……私も一度は食べてみたい。自分で書いているとお腹がすいてきます。

    2019年11月23日 09:03

  • 郵便へのコメント

    釣りは遊びじゃありませんからね。
    真剣勝負だからしょうがないです。

    作者からの返信

    ミルカ「そうですよ(便乗)」
    実際、食べるためならリーズはいつだって真剣そのものなのです

    2019年11月20日 09:28

  • 郵便へのコメント

    プライベートで落ち込んでもここに読みに来ると癒やされます。毎回投稿ありがとうございます。

    リーズちゃんは身体を動かすことに関しては天才的だからこそ勇者なのですね。燃費が悪そうですが、優秀なシェフもいますから安泰です。

    「ふたり」に宛てた大量のお手紙。これで少し流れが変わるのでしょうか。楽しみにしています。

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    私の作品が、気分転換の一助になることができてうれしく思います♪

    リーズはいわば人間スポーツカー……というか戦闘機みたいなもので、頑丈そうに見えて実はとて繊細なんです。アーシェラみたいに、きちんと熟知している整備士がいないとすぐにダメになってしまうかもしれません。

    そんなわけで、お手紙の内容は次回明らかにしたいと思います。

    2019年11月19日 22:04

  • 夫婦へのコメント

    手をつないで歩くだけでもこんなに暖かな表現があるのですね。高校生よりも初々しく見えます。
    夫婦になった嬉しさと幸せがいろいろな形で読むことが出来て幸せな気持ちになれます。今回は料理を通しての表現が素敵です。
    幸せいっぱいのリーズちゃん「今夜もたっぷり遠慮なく甘えていいよねっ!」私も言ってみたい言の葉にノミネートされました。

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    私も女性に「甘えていいよね」って言ってもらいたいものですが……まあ、無理でしょう。
    それはさておき、愛情は込めればきちんと伝わる……とは限らないのが世の中ですが、それでもアーシェラは手を抜きませんし、リーズはそんなアーシェラの愛情をきちんと受け止めることができます。
    この後も、安心のセ〇ムが見守る中で、愛し合う事でしょう。

    2019年11月17日 21:12

  • 夕焼へのコメント

    文面全体から牧歌的な雰囲気が漂ってきてほっこりとしながら読ませて頂いてます。
    厳しい時代もあったのに小さな村で飢餓がなかったとは素晴らしいですね。確かに食さえ確保できれば精神的な余裕が出来そうです。しかも有能な見張りまで居てセキュリティーも高いとはなかなか無いと思います。
    ただ真っ最中でも呼び出すとはどんな状態なのでしょうか。私にはちょっと理解できなかったです。ミーナちゃんと一緒ですね。(嘘八百)
    そんなミーナちゃんにも可愛い恋心があるようでニヤニヤ出来ます。このまま素直なツンデレに育ってほしいものです。

    アイリーンさん。今夜は能力を駆使して「ちょろっとだけ」見て見るそうですが何を見るのでしょう。理解が難しいですが、きっと重要な見張りなのですね。(嘘八億)
    私も「勇者といっしょ」と言う技を使うと見えるそうなのですがどうしましょう。

    作者からの返信

    音無 雪 様! 毎度コメントありがとうございます!
    今回登場したアイリーンさんは、その仕事の性質上夜中起きているだけでほとんど仕事をしない人ですが、何気にかなり重要な役目を担っていたりします。
    なので、これくらいの「役得」はみんな大目に見ている模様。今までの一番の「被害者」は、おそらくブロス夫妻。

    アーシェラは勇者パーティーにいた頃から物流を担っていましたし、何より冒険者時代に苦しい思いもしたので、食べ物の調達には特に気を配っています。今はのほほんと過ごせるこの村ですが、去年のこの時期は相当大変だったでしょうね……

    ともあれ、今の村にはリーズという最強の守り神がいますし、守り神様が「真っ最中」でも、セ〇ムがあるので安心です(暗視だけに)
    なお「勇者と一緒」のスキルは次元超越技なので、私のMP負担がすさまじいのです……

    2019年11月16日 21:32

  • 夕焼へのコメント

    村長殿。
    見せつけても、よかったんやで( ゚д゚)
    というか、会話から察するに、この時点で勇者ちゃんもういただき済みですか、村長殿。ふふふ。

    ……なんつー下衆なコメントだ、怒られる。

    作者からの返信

    どもです、阪木洋一様!
    人前で……というよりも、見せるのには恥ずかしい相手というのはそれなりにいる様子。
    でもまあ、彼らにとっては図星なので、怒られはしないでしょうけど、顔を真っ赤にするんじゃないでしょうかね♪

    2019年11月15日 18:34

  • プロローグ:始まりとともにへのコメント

    王族と結婚するとまでうわさされていた。
    →うわさがひらがなです。まあ、問題ない気もしますが。
    1.5部見終わったので今日から2部です。外伝?あれは蛇足ですし・・・ねぇ?

    作者からの返信

    どもです、クロン様!
    ご指摘部分がひらがなだったのは誤りだったので、修正しました。
    けっこうダラダラ1.5部をやってしまいましたが、ようやく本流に戻れそうです♪

    2019年11月14日 20:24

  • 生活へのコメント

    そう言われれば開拓村の名前、出てきませんでしたね。村と言うよりも大家族の状態なのでしょう。それぞれが得意な分野でみんなを助ける所を見ると「チーム」とも言えますね。
    リーズちゃんの幸せと砂糖があふれ出す歌も笑ってしまいます。可愛らしいですが勇者ちゃんです。私も冒険話聞かせてもらいたくなります。
    つらい時代を乗り越えた後の幸せな時間が染み渡ります。

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    村というより大家族の状態というのは言いえて妙で、生活環境が完全に同好の士の集まりです。
    ただ、その点でいくと、まだ村の掟などもないので、この先外部の人が増えた際にどう対処するのかが課題になります。
    今回リーズとミーナが歌っていた歌は「埴生の宿」という曲を参考にしています。「ビルマの竪琴」で有名な唱歌ですね

    2019年11月13日 08:38

  • 日課へのコメント

    安定のリア充生活というか。
    最初っからこんなにアマアマで大丈夫? 話を進めるにつれて、ハードル高くならない?
    と、心配になるくらいのアマアマっぷりです。いいぞ、もっとやれ。

    作者からの返信

    そうなんですよね。
    これはまだ序の口で、これから読者様からのハードルがどんどん上がっていく…………でも、この二人なら私が何も手を加えなても、自然にエスカレートしていきそうです。

    あれ? そういえば阪木様と似たようなことを、私もどこかで書いたような……?

    2019年11月11日 20:20

  • 日課へのコメント

    新婚生活の中に村の向かっている方向が垣間見えるお話に明るい未来が見えて嬉しく感じます。
    何をしても二人の思い出話が詰まっているなんて素敵です。今になって間接キスでドキドキしたなんて言われると照れるしかありません。読んでいて照れました。さらに「直接」と言う言の葉にドギマギしてしまう私です。この二人を見ていると乙女になってしまうのはなぜでしょうね。植物も乙女モードになってしまうようで自動品種改良がされたようです。
    糖分過多で枯れなくて良かったですね。

    作者からの返信

    毎度コメントありがとうございます!
    まずは第1部の時からの比較で、新婚夫婦になったことでどんな変化があったのか、また、変わらないものがあるのか、よくわかるかと思います。
    まだ告白もしていなかった頃は、まだ一線を引いてる部分もありましたが、今ではもうのべつ幕なし……でございます♪

    2019年11月9日 18:57

  • 笑顔へのコメント

    このシリーズで出てくるハンバーグ(Made in アーシェラ)は凄くおいしそうで出てくるたびに生唾が・・・いいなぁリーズちゃん。一人暮らしの時までリーズちゃんの好物を作ってしまうなんて愛されていますね。
    愛する人の想いが詰まった料理を食べる幸せ。愛する人が目の前で満面の笑みで食べてくれる幸せ。幸せの相乗効果でほっこりします。

    作者からの返信

    音無 雪様! 毎度感想ありがとうございます!
    食べ物をどれだけ美味しく書けるかは、私はこれから秋も永久に追求していきたいテーマですね! 南木といえば美味しいもの! と、言っていただけるレベルを目指しますよ!

    一人暮らしの時でも、無意識にリーズの好物を作ってしまうくらい、アーシェラにとってリーズの存在はあまりにも大きいものでした。
    だからこそ、離れ離れになった後はこんな山奥に引っ越したのだと思うと、作者自身も切ないなって思います。

    だからリーズもアーシェラも、青天井でガンガン幸せにしてやりたいところ。

    2019年11月6日 20:48

  • 空腹へのコメント

    討伐後なのに訓練を続けるリーズちゃん素敵です。ここにダイエットでさえ続かない愚か者がおります。お恥ずかしい。
    さらに強くなるのは愛する人のため・・・ではなく美味しい朝食のためとはリーズちゃんらしくて微笑ましく感じます。
    村人との距離感も本編より細かく描かれていますね。村での生活が見えてくるのが楽しみです。

    作者からの返信

    どもです、音無 雪様!
    ダイエットを続ける秘訣は「長く続けたい」と思うのではなく「早く終わらせたい」と意気込むのがいいらしいです。
    じつはこれ、小説を連載するのにも同じことが言えたりします。

    それはさておき、リーズはもう完全に村の一員になったので、第1部のような「お客様」っぽい表現が…………いや、なんか第1部の頃からだいぶ溶け込んでいたような?
    リーズにとっては「世界の平和」のような漠然な目標よりも、わかりやすい目標があった方がやる気が出るようです。

    2019年11月4日 12:33

  • プロローグ:始まりとともにへのコメント

    第二部開始!
    もう幸せしかない素晴らしい世界ですね。
    こんな世界に生まれたかった←
    時系列は少し戻った感じですかね?

    作者からの返信

    どもです、ビト様!
    これぞ理想郷! これぞ優しい世界! ってのをふんだんに取り入れていきますよ!
    どこぞのゴリラ天使さんが凄く羨ましがりそう……

    2019年11月4日 09:07

  • プロローグ:始まりとともにへのコメント

    前作(本編?)を楽しむ読ませて頂いております。
    第二部開始とお聞きして駆けつけました。が、タイトルで覚悟はしておりましたが読み進めるほどに羨ましさのため息ばかりです。
    暖かな布団で目が覚めると大好きな夫の腕の中。日課となったキス、髪を整えてもらったら今度は夫の髪を整えて、朝の訓練から戻ればおいしい朝ご飯が用意される。
    夢じゃないですか!すべての女性の夢じゃないですか!
    読むだけで幸せになりました。

    今後ともお手柔らかによろしくお願いいたします。

    作者からの返信

    第二部の感想第1号ありがとうございます!
    こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

    男性視点で書く小説だと、けっこう女性から一方的に「してもらう」という描写が多いように感じますが、やっぱりお互いに支え合う関係が、個人的な理想なのです。
    これからも、のんびりと読んでいただければ幸いです。

    2019年11月4日 09:05