登録


1位竜


1位一角獣


3位蛙


4位ケルベロス


5位巨大亀




「一角獣!竜に並んだ!」


「上昇の隙を巧く着きましたね。」


「3位蛙がそれをじわじわ追う!」 「ケルベロスはちゃっかり食事して元気一杯ですね。」


「5位巨大亀!ワイルドなレース、俺大好きだぜ!!」








「次の関門は……これは逆流滝ですね。」


「おーっとこれは!絶え間なく逆流する水の壁!さぁ、如何なる?」








「ヒロさん、ここで問題が一つ。」


「どうしました巽さん?」


「実は、時間が押してまして……もう直ぐ次の番組が始まっちゃいます。(つまり字数制限内に収まりません。)」


「え!?(プロットこの後も考えてあるのに⁉)」






「安心して下さい。チャンネル登録をすれば後々別途放送が…されるかも?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

異世界F-1グランプリ 黒銘菓短編集66弾 黒銘菓(クロメイカ/くろめいか) @kuromeika

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画