ひとりぼっちの霊能探偵、今日もふたりぼっち

作者 吉備津 歪

呪いの正体は---籠目の唄は恐ろしい( ´゚д゚)

  • ★★ Very Good!!

かごめ、かごめ、籠の中の鳥は----

全ての事件の根底には、かごめ唄の「呪い」があった。

読み終わってみると、かなりヘビーなお話なんですが、それでも最後まで読めてしまうのは、主人公を初めとするキャラ作りと話づくりの上手さかな---と思います。

軽すぎず重すぎず、ホラー好きで無くても読みきれるコワイ話でございます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

葛城 煌さんの他のおすすめレビュー 29