海が太陽のきらり

作者 薮坂

80

29人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

夏休み、銅メダルを海へ投げ捨てる海斗。
海中からそれを拾った陽子と出会い……。

失意に沈む主人公と、それを叱咤激励して立ち直らせるヒロイン陽子。
二人の会話がテンポ良く爽快で、やさぐれていた海斗の心が変わっていく様子が無理なく説得力がありました。

銅メダルというアイテムは、その人によって重くも軽くもなる不思議な価値観をもった代物なんだなぁと目の覚める思いでした。

少しの甘酸っぱい青春がちょうどよい塩梅で、最後もご都合主義でない感じがとても良かったです。

★★ Very Good!!

同じタイトルの作品が数十作並んでいます。
あらすじを同じくして筆致で作風がどれだけ変わるかの企画だからです。

さて、どれを読もうかと悩むあなた。
生き生きとしたヒロインなら、断然こちらがお勧めです。
作者の趣味嗜好が全力で絞り出されたその魅力、ご堪能あれ。

★★★ Excellent!!!

諸君。見たまえ。兄らの目前には今、一面に広がるスカイブルーの海面から、若さ弾ける水着女子のまるで天使のような笑顔が、太陽さながらに光り輝いていることだろう。この眩しい光景を前に「楽園」という言葉が浮かばぬ者は、果たして男と言えるのだろうか。否、言っていいはずがない。
今、決断の時である。その楽園への切符を手にしたければ、前に進むのみ。そして掴み取るのだ。この夏最高のアオハルストーリーを、己が物とするために!

と、テンションがおかしくなってしまうほどのキュートな青春ストーリーが繰り広げられています。読み終わった頃には、あなたもヒロインに恋をしていることでしょう。

夏に何かを忘れてきてしまった気がする。

そんな気がするアナタに今オススメのショートストーリーです。

★★★ Excellent!!!

 薮坂様は言った。
 アオハルに〇○〇〇は不可欠ですね! と。
 間違いなく言った。言質も取ってある。しかし、どこにそれがあるのか?
 隅々まで重箱の隅をつつく勢いで読んだが見当たらなかったぞ!

 と、興奮も冷めやらぬまま、それだけ真剣に読んでも面白い事には変わりのない本作品。
 特に陽子のキャラクターが抜群です。
 海斗の少しひねた子供っぽさもいいけど。
 間違いなく『キャラは物語を超えるか』のトップ作品です。
 あれ? キャラじゃない? 筆致?
 …………あぁ、筆致も素晴らしいですよ(ホント
 あー、面白かった。

★★★ Excellent!!!

同じお題と筋書きからお話を書く企画です。自分以外に読んだ初めの作品になるのですが、
主人公の海斗も、ちょっと大人の余裕があるフリをする陽子も、
思いが変わるその様子が、とても明るく心地よく、暑さを感じる描写なのに爽やかに描かれています。

高校生の男の子の気持ちが情景と一緒に伝わってくるお話。
最後に全てが輝いて美しく光弾ける気持ちになりました。

分量はありますがとても読みやすく、勢いですぐに読めてしまいますので、是非に。

★★★ Excellent!!!

本作の魅力は多々あるが、特筆すべきはヒロインである陽子のキャラクター。
登場シーンからもう画面狭しと暴れまわる。
軽快な台詞回しと、豊かな描写がその魅力にひと味もふた味も載せてくれる。

お姉さんぶる姿といい、ちょっと距離感の近い感じといい、もう完全に好みでした。
きっとこの陽子にハマる人は続出なんじゃないかなって思います。

気持ち揺るがすキャラクターと出会いたい、そんな小説を求めている方にお勧めです!