きみと西に沈む

作者 藤沙 裕

厳しく場面を選び抜かれた物語は、何を示しているだろう

  • ★★★ Excellent!!!

情景描写を意図的に少なくしている印象を受けます。それは小説のテーマに非常に親和的で、寓話のような美しさが漂っていました。
濁った街を嫌いながら、綺麗な人が落ちていく。恋をしていたのでしょうか。それさえはっきりと掴めないほどの、淡い描写が特徴的でした。例えるならば、すくっても手元に残らない水のようなお話。
話の全体が、彼らの物語というだけでなく、現代の普遍に迫っている感じがしました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

綾上すみさんの他のおすすめレビュー 20