旧約 マグノリアの連換術師

作者 大宮 葉月

僕はいつの間にか、古き良き“単行本”を読んでいた

  • ★★★ Excellent!!!


この作品は、設定の奥行や世界観の地盤の硬さが顕著に現れていた。

ライトノベルか?と言われれば、そうでは無い。
全くライトではない、ヘヴィだ。
物語もキャラも色濃く、僕と同じ感性を持つものなら、高価でバカでかい肉塊にかぶりついたような満足感が得られるだろう。


ただ、この作品にはその重厚さが表に出ているため、コメディな要素などは多少削られている。
故にライトノベルを求める人には、読み明かすのは厳しいかもしれない。

だが、考えても見てほしい。
この作品から、そういった設定の濃さを突き詰めた物語を読んでみるのも、また一興ではないかと。

僕はそう考え、あえてこうレビューを残そうと思う。
是非、手に取ってみてほしいものだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

鳳梨ナゲル(ほうりなげる)@🍍さんの他のおすすめレビュー 13