一夜のキリトリセン ~夜空に汽笛の響く時

作者 ゆうすけ

今年もその日がやってくる

  • ★★★ Excellent!!!

 八月の終わり。婚約者と実家に帰省した主人公はたったひとり、廃線になった駅の草を刈っている。いったいなぜ……?

 照りつける太陽。セミの鳴き声。主人公の過去。寄り添う婚約者。夏の終わりの情景と、それぞれの想いが切なくもやさしい物語です。

 たった一夜にだけあらわれる『キリトリセン』に、重なる心がとてもあたたかい。清らかな風に包まれるような余韻も素敵でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

野々ちえさんの他のおすすめレビュー 711