ブリキ屋さん

作者 こむらさき

自分の中で膨れ上がる怖さ

  • ★★★ Excellent!!!

田舎の家、多発する事故、異常者として語られる「ブリキ屋さん」。
不穏が散りばめられた舞台。
そしてかかってくる無言電話。
「ブリキ屋さん」の所業は迷惑の域を超えてくることはないが鬱陶しい。
そこから、徐々に徐々に、逃れがたい脅威に取り囲まれる。
その正体は、本当は何なのか。
想像する余地のある分、読み手の中で恐怖が増してくる、そんなお話です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

安高さんの他のおすすめレビュー 28